コンビニ交付サービスをはじめました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001612  更新日 2018年12月13日

印刷大きな文字で印刷

 平成29年10月1日(日曜日)より、全国のコンビニエンスストアでマイナンバーカードを使って住民票の写し等の各種証明書が取得できるサービスをはじめました。

コンビニ交付サービスの概要

 コンビニ交付サービスとは、マイナンバーカードを使って、コンビニのマルチコピー機で、大府市で発行する住民票の写し等の証明書が受け取れるサービスです。

マルチコピー機

  1. 利用可能時間
    6時30分から23時まで
    (土曜日、日曜日、祝日も利用できます。)
    ※年末年始12月29日から翌年1月3日やメンテナンス時は利用できません。
  2. 利用可能店舗
    全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ等
  3. 利用方法
    コンビニに設置しているマルチコピー機にマイナンバーカードをかざして、暗証番号を入力し、発行手数料を投入することで各種証明書が取得できます。発行までの操作方法については、以下のリンクよりご確認ください。
  1. 取得可能証明書、及び手数料
取得できる証明書と発行手数料一覧
証明書の種類 手数料 注意事項
住民票の写し 300円 本人又は同一世帯の方のみ取得可能。
印鑑登録証明書 300円 本人のみ取得可能。事前の印鑑登録が必要。
全部・個人事項証明書
(戸籍謄本・抄本)※
各450円 本人又は同一戸籍の方(除籍の方以外)のみ取得可能。
戸籍の附票の写し
(全員・個人)※
各300円 本人又は同一戸籍の方(除籍の方以外)のみ取得可能。

※本籍地が、大府市にある方が発行できます。
 ただし、本籍地のみ大府市(住所は大府市外)の方については、事前の申請が必要です。
 申請からおよそ5営業日後からコンビニで発行ができます。申請方法については、以下のリンクからご確認ください。

各種証明書の発行における注意点

  • 印鑑登録証明書の発行は、コンビニではマイナンバーカード、市役所窓口では印鑑登録証が必要です。
  • 発行した各種証明書の交換、手数料の返金等はできませんのでご了承ください。
  • 住民票の写しに住民票コードを記載することはできませんが、個人番号を記載することはできます。
  • 住民基本台帳カードでは、コンビニ交付サービスはご利用できません。

マイナンバーカードが必要です

 コンビニ交付サービスの利用には、『マイナンバーカード』(顔写真付)が必要です。申請から交付まで日数がかかりますので、ご注意ください。

 マイナンバーカードの発行は、郵送またはパソコン等でお申込みください。申込方法は以下のリンクからご確認ください。申込みから約1カ月後に市役所よりハガキをお送りします。マイナンバーカードを交付致しますので、届いたハガキと本人確認書類(運転免許証・旅券・保険証等)をお持ちの上、市民課窓口までお越しください。

各種証明書の発行には、マイナンバーカードに利用者用電子証明書が搭載されている必要があります。(マイナンバーカード申請書に不要の選択をしていない方は通常搭載されています。)また、カード交付時に設定した4桁の暗証番号も必要です。

マイナンバーカード

マイナンバーカード申込み時の注意点

 お持ちの申請書の住所・氏名等の情報が最新であるかご確認ください。最新の情報でない場合または申請書をお持ちでない場合は、申請書を再度作成しますので、本人確認書類(運転免許証・旅券・保険証等)をお持ちの上、市民課窓口までお越しください。最新の情報でない申請書を使用されるとカードが作成されませんので、ご注意ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民課
電話:0562-45-6218
ファクス:0562-44-3434
総務部 市民課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。