新型コロナウイルス感染症の影響により中止したイベントのチケット払い戻しを受けない場合の寄附金控除・寄附金税額控除について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015505  更新日 2020年9月29日

印刷大きな文字で印刷

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、政府の自粛要請を踏まえて中止・延期・規模の縮小が行われた文化芸術・スポーツイベントについて、チケットの払戻請求を行わなかった(払戻請求権を放棄した)場合に、所得税や個人市県民税の寄附金控除や寄附金税額控除を受けることができます。

大府市長の指定する行事・イベント

 大府市税条例附則第24条に定める大府市長の指定する行事については、新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律施行令第3条第1項の規定により、文部科学大臣が指定した行事とします。

 次の条件を満たすイベントが対象です。

  1. 令和2年2月1日から令和3年1月31日までに日本国内で開催された又は開催する予定であった不特定かつ多数の者を対象とする文化芸術・スポーツイベント
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、中止・延期・規模の縮小がされたもの
  3. イベントの主催者が文化庁・スポーツ庁に行事指定の申請をし、文部科学大臣が指定したイベント

※下記の文化庁・スポーツ庁WEBサイトより指定行事が確認できます。 

控除のできる税の種類

  1. 令和2年分(令和2年中に払い戻し放棄)・令和3年分(令和3年中に払い戻し放棄)の所得税
  2. 令和3年度(令和2年中に払い戻し放棄)・令和4年度(令和3年中に払い戻し放棄)の市県民税

※令和2年中・令和3年中の払い戻し放棄の状況について対象となります。 

控除額の計算

  税目      控除種類     計算式  
所得税 所得控除 「その年中に支出した寄附金の合計額(総所得金額等の40%が上限)-2,000円
税額控除 (「その年中に支出した寄附金の合計額(総所得金額等の40%が上限)-2,000円)×40% ※所得税額25%が上限
個人住民税 所得控除 無し
税額控除 (「その年中に支出した寄附金の合計額(総所得金額等の30%が上限)-2,000円)×10%

※所得税は所得控除と税額控除どちらかを選択し、一方のみ適用できます。

手続きの流れ

手続きをする人 手続き内容
(1)行事・イベント主催者 文化庁又はスポーツ庁に行事指定申請
(2)行事・イベント主催者 文化庁又はスポーツ庁から指定行事証明書の交付を受け、指定されたイベントの公表
(3)チケット購入者 指定されたイベントを確認する(文化庁・スポーツ庁のウェブサイト)
(4)チケット購入者 主催者に払い戻しを受けない意思を連絡する(払戻請求権の放棄)
(5)行事・イベント主催者 払戻請求権放棄証明書(原本)及び指定行事証明書(写し)を交付
(6)チケット購入者 払戻請求権を放棄した翌年に確定申告(住民税申告)を行う。
※申告には主催者から交付を受けた2種類の証明書と申告に必要な書類が必要です。

 

このページに関するお問い合わせ

総務部 税務課
市民税係 電話:0562-45-6217
資産税係 電話:0562-45-6260
納税係 電話:0562-45-6263
ファクス:0562-47-3150
総務部 税務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。