中京競馬場へ特別競走に「大府特別」の名称を採用することに関する要望書を提出

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009249  更新日 2019年1月18日

印刷大きな文字で印刷

清水中京競馬場長に要望書を手渡す岡村市長の写真

 1月18日、岡村市長が中京競馬場の清水靖博場長に対し、特別競走に「大府特別」の名称を採用するよう要望書を手渡しました。

 この要望活動は、平成30年にも実施しており、シティプロモーションの一環として行っています。中京競馬場で行われるレース名には、「知立特別」「刈谷特別」など近隣自治体の名称や、「桶狭間特別」「香嵐渓特別」など史跡、観光地の名称が用いられているものが多くあり、その名称は日本中央競馬会(JRA)が採用しています。

 もし、「大府特別」が実現すれば、全国の競馬ファンに『大府』の名をPRすることができます。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。