声優に挑戦 おやこまつりwithキネコ映画祭

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010271  更新日 2019年5月12日

印刷大きな文字で印刷

生吹き替えに挑戦する参加者

 5月12日、愛三文化会館でおやこまつりwithキネコ映画祭が行われました。この催しの中で、プロの声優からノウハウを学ぶ「声優体験ワークショップ」が行われ、小学4年生から中学2年生までの4人が声優にチャレンジしました。講師を務めたのは企業のCMナレーションなどを務める西原翔吾さんとアニメ「ぼのぼの」のぼのぼの役を務める雪深山福子さん。緊張気味の4人に「登場人物の気持ちを考えながら演じてください」などアドバイスを送りました。

 4人は2時間の練習後、観客の前で、子ども目線で戦争を描くノルウェーのアニメ「マレーネとフロリアン」を生吹き替えで披露しました。与田樹さんは「他の役の人とセリフを合わせるのが難しかったです」高橋和叶さんは「緊張したけど、貴重な体験ができました」木引萬理さんは「役になりきることが難しかったです。声優に興味が湧いてきました」川田知宙さんは「練習時間が少なく心配でしたが、楽しくできました」と感想を話しました。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。