おおぶCMコンテスト 入賞作品

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007332  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

最優秀賞(1作品)

タイトル:「まるいものがおいしい市」 制作者:松田清楓(名古屋市)

制作者コメント

伝えたいことを目で見て分かるようにしたこと。また、この映像を見た人が、わくわく、楽しい気持ちになってもらえるように人の動きや音楽を考えていきました。

審査委員講評

  • 食以外のシリーズも見たくなる!とてもカワイイ映像で子どもにも女性にも受けそう。OBUの「O」=まるいもの、というのもgood!プロっぽくない作りがかえって良かった。
  • 映像作品としての技術的なレベルはもちろんのこと、創造力がある。「自分にとっての大府」をうまく咀嚼して「まるいもの」というテーマを見つけて作品としてアウトプットしているところが素晴らしい。テンポよくまとめられている。

優秀賞(1作品)

タイトル:「『想いを…』篇」 制作者:岡田康宏(名古屋市)

制作者コメント

「大府」の存在を人に見立てました。大府愛を過剰にアピールする作品になっています。

審査委員講評

  • 何か賞をあげたくなっちゃう作品。いろいろ考えて作ったんだろうなと、丁寧な気持ちが随所に感じられる。恥ずかしいことをガンバッテ演じた彼に賞を。
  • シリアスな雰囲気から始まるが、最後は良い意味で裏切られた。

特別賞(3作品)

タイトル:「休日は大府へお出かけ」 制作者:かとう(東海市)

制作者コメント

子ども目線で大府市内のスポットをめぐりました。子どもに「また連れてって」と思わせることで、これから何年も更に発展していく大府の魅力を表現しました。

審査委員講評

  • 大府の売出したい施設がうまく入っている。
  • 親子の対話が分かりやすく、シンプルなのでひきつけられた。テロップの挿入具合も上手いと思う。

タイトル:「いつからでも、どこからでも」 制作者:鈴木寛未(名古屋市)

制作者コメント

知多に「知多四国八十八ヶ所霊場」があることがあまり知られていないのではと感じ、この企画を考えました。大府市には88番目の円通寺があるので、最後の重みを伝えられたらと思います。
若い女性が何を願ったのか想像してもらい、見た人が行きたいと思ってもらえるよう考えました。

審査委員講評

  • 着眼点が新鮮で良かった。タイトルが映像の内容とフィットしないが、LOVE OBU感があったのでマル。
  • 私もあまり知らないことだったので、新たな発見があった。このような視点から観る大府も新鮮だと思います。

タイトル:「LOVE! OBU」 制作者:ume-garden(江端町)

制作者コメント

「大府の自然」と「ひと」とのかかわりをテーマにしました。

  1. 小惑星に「大府」と名付けてくれた中村彰正さん
  2. 蜻蛉の会の皆さん
  3. 森岡ほたる保存会の皆さん
  4. 大府駅東ビオトープの皆さん

 皆様の愛が街中にふりそそいでいます。我が家にも…。(ビオトープを作ってみました)

審査委員講評

  • Loveを感じる。都市化の中のトンボ、ホタルはポイント高!
  • これからの大府の目指すところをついているが、元気さがもう少し感じられたら。

メディアス賞(2作品)

タイトル:「川に挑む者たち」 制作者:えみのわ(共和町)

制作者コメント

「大府を元気にしたい」「笑みの輪を大府に広げたい」と集まった大府の商店主グループ「えみのわ」です。川がきれいな町って良いよね、との仲間のひと言から川清掃は始まりました。仕事の合間を縫って川へ繰り出します。毎回、水を吸ったゴミが数十キログラム出ます。人知れず活動していますが、少しずつ南へ進み、大府駅の方へ行くことが目標。「アレ?川がきれいになったね」そういう言葉が聞こえ、まちの人々に笑顔が増えることが喜びです。

審査委員講評

  • 何が起こるのかとワクワク感がとても良かった。そうじ=愛情、着眼点が満点。おじさんグループというのもとても良かった。
  • 「川清掃」という着眼点が面白い。映画の予告編のような構成も良い。

タイトル:「LOVE! OBU」 制作者:飯田大瑛(岐阜市)

制作者コメント

「健康都市大府」をテーマに作りました。冒頭では、「ようこそ大府市へ」から大府駅周辺を撮影することで、大府に来た人々の様子を描きました。そして駅前にある看板「みんな輝き 幸せ感じる 健康都市」から健康に焦点を当て、あいち健康の森で過ごす人々の様子とその風景を撮影しました。

審査委員講評

  • 映像作品としての技術的なレベルは高く、テンポも良いので分かりやすく見やすい。「作者から見た大府」は何かということをもっと知りたい。
  • 大府という看板で知名度を上げている。何となく大府がどんなまちかが文字から理解できる。

参考情報

大府市行政広報番組「スマイルおおぶ」やシティプロモーションCMはおおぶムービーチャンネルで公開中です

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。