中学生が大府駅前地下道の壁画をリニューアル

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003558  更新日 2018年10月30日

印刷大きな文字で印刷

平成29年7月27日発表のプレスリリースです。

(プレスリリース)
平成29年7月27

 大府市では、傷みが目立つようになった「大府駅前地下道」の壁画をリニューアルします。新たなデザインと塗り替えの作業は、次代を担う若い力で表現していただこうと、市内4中学校の美術部の生徒の皆さんに依頼しました。
 既に各中学校で独自のデザインを制作しており、今後、夏休みを利用して地下道の塗り替え作業を行います。

大府駅前地下道の概要

開通/昭和52年4月

所在地/大府市中央町六丁目地内

形態/H形 延長120メートル

壁画制作の概要

制作者/森岡完介さん(元大府中学校美術部顧問)と4中学校の美術部顧問、美術部員

デザイン/

  • 48デザイン(大府中…22 大府西中…3 大府北中…18 大府南中…5)
  • 直径1.6メートルの円形・長方形の枠内に中学生が感じる「大府」等を自由にデザイン

制作期間/平成29年8月2日(水曜日)から31日(木曜日)の午前中(休日:土曜・日曜、10日から16日、21日 これ以外にも制作の進捗により休日あり。中学校によって作業日が異なるので学校教育課までお問い合わせください)

作業工程/

  • 8月2日から9日頃 下絵、下塗り
  • 8月17日から 色塗り
  • 8月25日頃 完成予定

現在の壁画の概要

完成/昭和63年8月

制作者/名古屋造形芸術短期大学 森岡完介助教授(元大府中学校教諭)と教え子たち25人

デザイン/四季と健康のイメージを表現。市の特産品のブドウの木や市の花クチナシ、朝日が昇る海、花咲く森、枯れ葉が舞う林、音楽を奏でる若者、海島、荒海に浮かぶ氷山、月、星などの絵が連動して描かれている。

この件に関する問い合わせ先

大府市学校教育課
電話:0562-46-3331
ファクス:0562-44-0020
Eメール:gakkyo@city.obu.lg.jp

  • プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。