平成30年度の人事異動について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003487  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

平成30年3月23日発表のプレスリリースです。

(プレスリリース)
平成30年3月23日

平成30年度の人事異動について

 平成30年度の人事異動に際しては、「日本一元気な健康都市おおぶ」の実現に向けて、常に「改善改革」を意識し、スピード感と計画性を持って迅速かつ的確な行政運営を推進するための人事配置を行いました。
 適材適所の人事配置はもとより、本市の目指すべき職員像である、積極的にチャレンジする意欲を持った人材の登用と配置に努めました。
 また、人口増加に伴う行政需要の増大に速やかに対応するため、退職者を大幅に上回る職員採用を従来の採用方法にとらわれない方法で実施し、即戦力で多様な人材の確保に努めました。

新しい採用試験による多様で即戦力となる職員の採用

 従来、夏季に新卒者を対象として、学力試験などにより実施していた、いわゆる「公務員試験」での採用枠に加えて、多くの民間企業が採用活動を行う春季に、学力試験を実施せず、受験者の職務適性や考え方などを総合的に評価する試験を実施し、また、保育職試験においては、学力試験を実施せず、受験者の職務適性や考え方などを総合的に評価する試験を実施することで、多様な人材の確保に努めました。
 その結果、一般行政職13人、保健職1人、保育職12人、消防職5人の合計31人の職員を新たに採用しました。

女性職員の係長級以上への登用の推進

 女性職員の活躍を迅速かつ重点的に推進し、豊かで活力ある社会を実現するため、新たに女性職員12人を係長級以上の職に登用し、政策・方針を決定する過程への女性の参画を進めるとともに、将来の女性幹部職員となる人材を育成します。

広域的な視点をもった人材の育成

 分権型社会の実現に向けて求められる広域的な視点をもった人材を育成するため、引き続き、経済産業省中部経済産業局や愛知県などへ職員を派遣するとともに、平成30年度は、大府市社会福祉協議会や常滑市消防本部などへ新たに派遣します。

国、愛知県などへの職員の派遣等の状況

  • 経済産業省中部経済産業局 1人
  • 愛知県 4人 ※ うち新規3人
  • 大府市社会福祉協議会 1人 ※
  • 常滑市消防本部 1人 ※
  • 知多広域消防指令センター 4人 ※ うち新規3人
  • 知多北部広域連合 6人 ※ うち新規2人
  • 知北平和公園組合 2人
  • 東部知多衛生組合 1人

 ※ は、平成30年度に新たな職員派遣を行う団体

東日本大震災被災地の復興支援に向けた技術職員の長期派遣

 東日本大震災からの復興を引き続き支援するため、技術職員1人を被災自治体の宮城県宮城郡七ヶ浜町へ引き続き派遣します。

 宮城県宮城郡七ヶ浜町 1人

異動の内訳等

異動等の状況
区分 新規採用者 異動(昇任を含む) 退職
部長級
課長級 14人 3人
課長補佐級 11人
総括係長級 15人
係長級 43人 1人
一般 ※32人 93人 10人
32人 176人 14人
※新規採用者(一般)には、新規再任用職員(フルタイム)1人を含む。
一般異動の内訳
区分 一般行政職 消防職 保育職 技能労務職
職員数 54人 7人 28人 4人 93人
  • 異動率(係間の異動の者を除く)
    26.7%(実績:平成29年度47.1%、平成28年度23.0%、平成27年度23.4%)
    ※平成29年度は組織改正に伴うものを含む。
  • 平成30年4月1日現在職員予定数
    692人(市長、副市長および教育長を除き、出向8人を含む)

参考資料

この件に関する問い合わせ先

 大府市役所秘書人事課
 電話:0562-45-6211
 ファクス:0562-47-3070
 Eメール:hisho@city.obu.lg.jp

  • プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。