第24回夢のくるまコンテストモデルカー贈呈式

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003498  更新日 2018年10月30日

印刷大きな文字で印刷

平成30年2月13日発表のプレスリリースです。

(プレスリリース)
平成30年2月13日

 子どもたちの自由な発想を生かしてものづくりの面白さを感じてもらおうとの趣旨で開催された第24回夢のくるまコンテスト。
このたび、グランプリ、準グランプリに輝いた作品の原画をもとに株式会社豊田自動織機長草工場のカーモデラーが制作を担当したモデルカーが完成しました。
 このたび、制作に携わったカーモデラーから受賞者に直接、モデルカーを手渡すモデルカー贈呈式を開催します。

第24回 夢のくるまコンテストモデルカー贈呈式

日時/平成30年2月22日(木曜日) 午後4時30分から5時

会場/大府市役所1階市民健康ロビー(大府市中央町五丁目70番地)

出席者/グランプリ 生田照英くん(いくた・しょうえい 大東小5年)、準グランプリ 荒井潤さん(あらい・じゅん 東山小6年)、岡村秀人市長、株式会社豊田自動織機長草工場 自動車事業部 安全・総務部 部長 浅野隆昭、自動車事業部 技術部 デザイン室 室長 川﨑雅和、自動車事業部 技術部 デザイン室 カーモデラー 佐々木秀信(グランプリ担当)、乙丸政勝(準グランプリ担当)

モデルカーの展示

期間/平成30年2月23日(金曜日)から3月2日(金曜日)

場所/市役所1階市民健康ロビー

グランプリ、準グランプリの原画とデザイン画

グランプリ/生田照英(大東小5年)「SPA CAR」

SPA CARは、温泉につかりながらドライブしたり、災害に遭った地域に温泉を運ぶことができる車。

グランプリ 生田照英くんのデザイン画 「SPA CAR」

準グランプリ/荒井潤(東山小6年)「二酸化炭酸カー」

 二酸化炭酸カーは、砂漠や上水道が整備されていない地域に行って、二酸化炭素で作った炭酸水を供給することができる車。上部で集めた雨を浄化し、前面部から吸い込んだ二酸化炭素を使って、炭酸水を作る仕組み。車内には、脱水症状など、体調が悪い人が休憩するためのベットがある。

準グランプリ 荒井潤さんのデザイン画 「二酸化炭酸カー」

第24回夢のくるまコンテストの概要

応募対象者/市内9小学校の5・6年生(夏休み自由課題)

応募作品数/969点

審査会/平成29年9月7日(木曜日)午前10時から 市役所204会議室

審査員/株式会社豊田自動織機長草工場 自動車事業部 安全・総務部 部長、自動車事業部 技術部 デザイン室 室長、大府市教育委員会 指導主事、大府市産業振興部 部長

賞/グランプリ、準グランプリ、心に響CARすで賞、森林浴しま賞 各1点、佳作(上記4賞に次いで評価の高かった作品)10点

表彰式/平成29年12月4日(日曜日)午後5時から 市役所交流室 ※グランプリ、準グランプリ、心に響CARすで賞、森林浴しま賞の受賞者へ賞状、表彰盾、デザイン画を授与

各小学校での贈呈式/(グランプリ)平成30年2月26日(月曜日)石ヶ瀬小学校全校朝会にて、(準グランプリ)平成30年3月5日(月曜日)東山小学校全校朝会にて

この件に関する問い合わせ先

大府市商工労政課
電話:0562-45-6227
ファクス:0562-47-7320
Eメール:shoko@city.obu.lg.jp

  • プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。