おおぶショートフィルムフェスティバルを開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003508  更新日 2018年10月30日

印刷大きな文字で印刷

平成30年1月23日発表のプレスリリースです。

(プレスリリース)
平成30年1月23日

 大府市勤労文化会館では、45分以内のオリジナルショートフィルムを募集し、それらの作品を上映するおおぶショートフィルムフェスティバルを開催します。募集した映画のテーマは「自由部門」と「大府ゆかり部門」で、「まだまだあぶない刑事」などの映画作品を手がけた鳥井邦男監督が委員長を務める審査委員会で優秀作品を選出します。
 このたびフェスティバルのPRのために鳥井邦男監督が岡村市長を表敬訪問します。

おおぶショートフィルムフェスティバルの概要

日時/平成30年3月16日(金曜日)から18日(日曜)まで 午前10時開演(16日は10時半開演)

場所/大府市勤労文化会館(大府市明成町一丁目330) もちのきホール、くちなしホール、研修室の3会場で上映

料金/1日券500円、3日間通し券1000円

申し込み/2月8日(木曜日)より大府市勤労文化会館、おおぶ文化交流の杜、石ヶ瀬会館、チケットぴあ(電話:0570-02-9999)、サークルKサンクス、セブンイレブンで発売。(Pコード:1日券558-155、3日間通し券467-514)

主催/おおぶショートフィルムフェスティバル実行委員会、大府市、大府市文化協会・株式会社ピーアンドピー共同体(大府市勤労文化会館指定管理者)

協賛/株式会社豊田自動織機、愛三工業株式会社

後援/知多メディアスネットワーク株式会社

その他/17日(土曜日)には鳥井邦男監督による映画制作ワークショップ、18日(日曜日)には優秀作品の上映、表彰式、受賞者と審査員とのトークショー、館外ではマルシェを開催します。

鳥井監督市長表敬訪問の概要

日時/平成30年2月2日(金曜日) 午後1時半から2時

場所/大府市役所3階交流室(大府市中央町五丁目70)

鳥井邦男氏プロフィール

 工藤栄一監督をはじめ魅力ある監督達に師事し、1999年、Vシネマ「ながれもの」で監督デビュー。骨太に、そして繊細に人間感情をとらえる手腕を評価される。人気映画「まだまだあぶない刑事」他を監督。近年は日本映画大学などで後進の指導に携わるほか、舞台演出も手がけている。日本映画監督協会会員

この件に関する問い合わせ先

大府市勤労文化会館
電話:0562-48-6151
ファクス:0562-48-6153
Eメール:a.ishida@pandp-web.com

  • プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。