国民健康保険税の軽減判定誤りについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003598  更新日 2018年10月30日

印刷大きな文字で印刷

平成29年3月30日発表のプレスリリースです。

(プレスリリース)
平成29年3月30日

国民健康保険税の軽減判定誤りについて

1 概要

国民健康保険税の軽減判定所得の算出にあたり、青色申告による純損失の繰越控除を行う場合、地方税法第703条の5の規定により、軽減判定用の独自の繰越控除額を算入しなければならないところ、誤って確定申告上の繰越損失額を用いて算定していたため、一部の方について課税誤りが生じました。

2 原因

軽減制度の判定所得算定方法に対する認識が不足していたものになります。

3 影響

  1. 還付となる件数及び金額
    平成24年度から平成28年度 20件 836,000円
  2. 追加徴収となる件数及び金額
    平成26年度から平成28年度 6件 145,200円

4 今後の対応

国民健康保険税賦課の修正処理を速やかに行い、還付及び追加徴収の対象となる方へ文書又は訪問によりお詫びと内容の説明をした上で、還付又は追加徴収を行います。

今後、このようなことが無いよう、国民健康保険税の軽減判定所得の算定において、被保険者の繰越損失額を独自に管理し、その内容の確認作業を徹底するとともに、法令等の解釈の理解を職員研修などで徹底いたします。

この件に関する問い合わせ先

大府市役所保険医療課
電話:0562-45-6330
ファクス:0562-44-3434
Eメール:hoken@city.obu.lg.jp

  • プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。