知多地域初 市内24時間営業の全コンビニにAEDを設置

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003572  更新日 2018年10月30日

印刷大きな文字で印刷

平成29年6月20日発表のプレスリリースです。

(プレスリリース)
平成29年6月20日発表


 大府市では、市内の24時間営業の全てのコンビニエンスストアに知多地域で初めて自動体外除細動器(以下、AED)を設置します。これは、平成25年に厚生労働省が発表した「AEDの適正配置に関するガイドライン」の設置方針に基づき、設置するものです。
 大府市の救急件数はここ数年、増加傾向にあり、平成28年の救急件数は、3,376件と実に27人に1人の市民が救急車を利用したことになります。そのような中で平成28年12月、JR大府駅に設置してあるAEDによって心肺停止した方が命を取り留めるなど、AEDが使われる場面が増えてきました。24時間営業しているコンビニエンスストアにAEDを設置することで、24時間いつでもAEDを使うことができる環境を整え、1人でも多くの命を救うことができることを期待しています。

 なお、6月30日(金曜日)に、コンビニエンスストアを展開する5企業と「コンビニエンスストアへのAED設置に関する協定」締結式を開催します。

協定締結式の概要

日時/平成29年6月30日(金曜日)午前9時10分から

場所/大府市役所3階庁議室(大府市中央町五丁目70番地)

出席者/株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社ファミリーマート、ミニストップ株式会社、山崎製パン株式会社、株式会社ローソン、岡村秀人大府市長、山内健次大府市副市長 ほか

設置されるAEDの概要

品名/ハートスタートFRx+(フィリップス社製)※消防署にも同型AEDを設置。

台数/43台(市内43店舗)※今後、新たな店舗が開店するごとに設置予定。

使用開始日/平成29年7月1日(土曜)午前0時から ※平成29年7月1日以前に設置されるAEDもあり、設置後すぐに使用可能です。

その他/外国人でも使うことができるよう、英語表記の説明書を備え付けています。

この件に関するお問い合わせ先

大府市消防本部消防署
 電話:0562-47-2136
 ファクス:0562-47-2398
 Eメール:obu-fire@city.obu.lg.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。