大府市役所、大府商工会議所によるイクボス共同宣言

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003452  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

平成30年7月31日発表のプレスリリースです。

(プレスリリース)
平成30年7月31日

 大府市と大府商工会議所はワーク・ライフ・バランスを推進するイクボス宣言を共同で行います。これにより、市内事業所や市民にイクボスの輪が広がり、全ての市民が活き活きと働き、健康で幸せな生活を送ることができる健康都市となることを目指します。

イクボス宣言セレモニーの概要

日時/平成30年8月8日(水曜日)午前11時30分から11時40分

場所/大府市役所1階市民健康ロビー(大府市中央町五丁目70)

参加者/大府市長 岡村秀人、大府商工会議所 会頭 木村勝昭(きむら・かつあき)ほか

立会人/NPO法人ファザーリング・ジャパン理事 横井寿史(よこい・ひさし)

内容/NPO法人ファザーリング・ジャパン理事の横井寿史さんを立会人に、岡村市長と木村会頭がそれぞれ市役所、商工会議所を代表してイクボス宣言にサインします。

宣言者一覧

市役所/市長、副市長、教育長、部長職(15人)

商工会議所/会頭、副会頭(4人)、専務理事、事務局長

イクボス宣言後の展開

大府市役所の展開

  • 職員の仕事を平準化し、時間外勤務の命令・実績等の管理を徹底します。
  • 年次有給休暇の取得を促進します。管理職の職員自らも、積極的に休暇を取得し、職員が休暇を取得しやすい雰囲気作りに努めます。
  • 育成面談時に地域貢献活動をする旨申出があったときは、積極的に応援します。

大府商工会議所の展開

  • イクボス宣言に至った会頭の想いを職員一人ひとりに届けます。
  • 職員との個人面談時やOJTを通して業務の効率化やスキルアップに努め、生産性の向上を図ります。
  • 職員が互いに認め合い、助け合って成果をあげられるよう職場内のコミュニケーションを活発にして、チームワークを高めます。

参考資料

イクボスの説明

 職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します(対象は男性管理職に限らず、増えるであろう女性管理職も)。 ※ファザーリング・ジャパンホームページより

イクボス宣言している県内自治体

愛知県、名古屋市、犬山市、瀬戸市、豊田市 ※ファザーリング・ジャパンホームページ、厚生労働省ホームページより

この件に関する問い合わせ先

(イクボス共同宣言セレモニーについて)
大府市青少年女性課
電話:0562-45-6219
ファクス:0562-47-7320
Eメール:seijo@city.obu.lg.jp

(大府市役所イクボス宣言について)
大府市秘書人事課
電話:0562-45-6211
ファクス:0562-47-3070
Eメール:hisho@city.obu.lg.jp

(大府商工会議所イクボス宣言について)
大府商工会議所
電話:0562-47-5000
ファクス:0562-46-9030
Eメール:mase@obu-cci.or.jp

  • プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。