技能五輪に出場する選手が市長を表敬訪問

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008475  更新日 2018年10月16日

印刷大きな文字で印刷

平成30年10月16日発表のプレスリリースです。

 平成30年11月2日から4日間に渡り沖縄県で開催される「第56回技能五輪全国大会」に出場する株式会社豊田自動織機大府工場の選手らが岡村市長を表敬訪問します。
 なお、大府市では平成29年度より、本市の技能尊重気運の高揚と技能水準の向上を図ることを目的に、技能競技の全国大会や国際大会へ出場する者に対して激励金を交付する制度を創設しており、今回も市長から選手に激励金を交付します。

技能五輪出場選手 市長表敬訪問の概要

日時/平成30年10月24日(水曜日) 午後3時から3時30分

場所/大府市役所3階交流室(大府市中央町五丁目70)

訪問者/株式会社豊田自動織機大府工場選出選手 森口淳志(もりぐち・あつし メカトロニクス部門 20歳)、西和哉(にし・かずや メカトロニクス部門 20歳)、宮田剛志(みやた・つよし 機械製図部門 21歳)、ラーニングセンター副センター長、技能五輪担当グループリーダー

技能五輪全国大会について

 国内の青年技術者の技能水準の向上を図るために昭和38年から毎年開催されている23歳以下の技術者が40余の職種で技能レベル日本一を競う大会。隔年で開催される国際技能競技大会は、国際大会開催の前年の全国大会の優勝者が出場します。今回の大会は、2019年8月にロシア連邦・カザンで開催される第45回技能五輪国際大会の選手選考を兼ねています(一部の職種を除く)。
 第57回(平成31年11月15日から18日)、第58回(平成32年)技能五輪全国大会は2年連続で愛知県(会場:愛知県国際展示場(常滑市)他)での開催が決定しています。

第56回技能五輪全国大会の概要

日程/平成30年11月2日(火曜日)から5日(金曜日)

場所/沖縄市民体育館はじめ15会場

出場者/

森口淳志(もりぐち・あつし 20歳)メカトロニクス部門

西和哉(にし・かずや 20歳)メカトロニクス部門

横道悠太(よこみち・ゆうた 20歳)メカトロニクス部門

岡田東虎(おかだ・とうご 20歳)メカトロニクス部門

神鳥陽平(かみとり ようへい 21歳)機械組立て部門

下垣亮太(しもがき・りょうた 20歳)機械組立て部門

篠原 翼(しのはら・つばさ 21歳)フライス盤部門

宮田剛志(みやた・つよし 21歳)機械製図部門

中原七月(なかはら・なつき 20歳)機械製図部門

渡邉悠允(わたなべ・ゆうま 20歳)旋盤部門

大府市技能競技全国大会等出場激励金について

 技能競技の全国大会、国際大会に出場する者に対し激励金を交付することで、本市の技能尊重気運の高揚と技能水準の向上を図ることを目的して、平成29年4月より制度を開始。1人につき激励金10,000円を贈っている。

この件に関する問い合わせ先

大府市商工労政課
電話番号/0562-45-6227
ファクス番号/0562-47-9996
Eメール/shoko@city.obu.lg.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。