小学生が昔からの遊びを通して高齢者と交流 「むかしあそびの会」を開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008693  更新日 2018年12月10日

印刷大きな文字で印刷

平成30年12月10日発表のプレスリリースです。

 大府小学校では、1年生生活科「ふゆをたのしくすごそう」の学習の一環として「むかしあそびの会」を開催し、はねつきやお手玉など、昔から親しまれていた遊びを大府長寿会の方々から教えていただきます。
 「むかしあそびの会」終了後には、各教室で大府長寿会の方々と児童が一緒に給食を食べながら、世代を超えた交流を行います。

むかしあそびの会の概要

日時

平成30年12月19日(水曜日)

  • 午前11時5分から午後0時25分 むかしあそびの会(前・後半に分かれて)
  • 午後0時25分から1時5分 給食
場所
大府小学校(大府市桃山町五丁目44)
参加者
大府小学校1年生児童 115人 大府長寿会 20人
遊びの種類
はねつき、竹とんぼ、お手玉、折り紙、けん玉、あやとり、おはじき、ビー玉、めんこ、こま など

参考情報

この授業は15年以上継続しており、平成29年度も大府長寿会から約20人の高齢者が参加しました。

問い合わせ先

大府小学校
電話番号/0562-46-5151
ファクス番号/0562-44-0021
Eメール/obu-e@obu-e.ed.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。