自席にこだわらない働き方が可能に ペーパーレス化を推進 業務で使用するパソコンをタブレットに切り替え

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009453  更新日 2019年2月1日

印刷大きな文字で印刷

平成31年2月1日発表のプレスリリースです。

 大府市では、業務で使用するパソコンを全庁的にタブレットに変更します。
 これまで、職員は主に自席でノートパソコンを使用し、業務を行っていましたが、今後は、タブレットに切り替え、市役所内に整備した無線LAN環境を使って、自席での使用にこだわらない働き方が可能になりました。
 また、電子文書の活用方法の幅が広がり、紙媒体の必要性が少なくなることでプリンタの大部分を撤去することが可能になり、ペーパーレス化の一層の推進を図ることができます。
 平成31年2月から順次、端末の入れ替えを始め、2月末には全端末の配布を完了します。
 

タブレット導入の概要

  • タブレット導入台数/561台
  • 導入費用/134,200千円(タブレット分のみ。5年リース)
  • 撤去するプリンタの台数/52台
  • 無線LANの利用範囲/本庁舎のみ、庁舎外の無線LANの使用は不可
  • 無線LAN環境の整備費用/24,015千円(5年リース)
     

問い合わせ先

大府市総務課情報システム係
電話 : 0562-45-6253 
ファクス : 0562-47-7320
Eメール : somu@city.obu.lg.jp
 

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。