知多半島初! 日本下水道管路管理業協会と災害時における下水道管路等施設の復旧支援協力に関する協定締結

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009460  更新日 2019年2月4日

印刷大きな文字で印刷

平成31年2月4日発表のプレスリリースです。

 大府市は、災害などにより被災した下水道施設の機能の早期復旧を図るため、知多半島内の自治体で初めて公益社団法人日本下水道管路管理業協会中部支部愛知県部会と「災害時における下水道管路等施設の復旧支援協力に関する協定」を締結します。
 この協定は、自然災害時に市が管理する管渠やマンホールなどの下水道施設が被災した場合に、必要な復旧支援業務(巡視、点検、調査、清掃、修繕等)を協会に要請することができ、公共下水道に接続されているトイレなどのライフラインの早期復旧を目指すものです。
 また、災害時にスムーズな復旧支援活動ができるよう、市の下水道施設情報を協会に提供します。

協定締結式の概要

日時
平成31年2月12日(火曜日) 午後3時~3時30分
場所
大府市役所3階庁議室(大府市中央町五丁目70)
出席者
大府市長 岡村秀人、公益社団法人日本下水道管路管理業協会中部支部愛知県部会 部会長 本多行夫 ほか

協定の内容

  • 大府市が管理する公共下水道及び農業集落排水の管路施設を対象とする。
  • 復旧支援業務(巡視、点検、調査、清掃、修繕等)を協会に要請することができる。
  • 復旧支援業務に必要な下水道施設の電子データを提供する。
     

問い合わせ先

大府市水道部下水道課
電話番号/0562-45-6239
ファクス番号/0562-47-3347
Eメール/gesui@city.obu.lg.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。