大府市消防本部が社会医療法人大同病院とドクターカー運用に関する協定を締結

ページ番号1009815  更新日 2019年3月15日

印刷大きな文字で印刷

平成31年3月15日発表のプレスリリースです。

 市消防本部は、社会医療法人大同病院とドクターカーの運用に関する協定を締結します。
 ドクターカーとは、人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置などの医療機械を搭載し、医師、看護師 などが同乗する車両のことで、医療機関搬送前の現場などへ直接出動する救急車の一種です。この協定は、救急医療活動においてお互いの支援体制を確立し、ドクターカーが出動することで、地域住民などの救命率の向上や後遺症の軽減を図ることを目的としています。
 

大同病院とのドクターカー運用に関す協定締結の概要

協定締結日
平成31年3月20日(水曜日)
運用開始日
平成31年4月1日(月曜日)
協定内容
ドクターカーにかかる費用、出動範囲、出動要請、事故等における責任などについて取り決めています。別紙「ドクターカー運用に関する協定書」参照
その他
協定締結式は行いません。

問い合わせ先

大府市消防署
電話番号/0562-47-2136
ファクス番号/0562-47-2398
Eメール/obu-fire@city.obu.lg.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。