日本のバイオリン王・鈴木政吉の電子紙芝居「カラクリBOOKS」を地元高校生とともに制作中

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009816  更新日 2019年3月15日

印刷大きな文字で印刷

平成31年3月15日発表のプレスリリースです。


 大府市では、かつて大府の地に分工場を構えた鈴木バイオリン製造の創業者、鈴木政吉の功績をもっと市民に知ってもらうため、タブレットでタッチしながら楽しく学ぶことができる電子紙芝居「カラクリBOOKS」の完成に向けて地元高校生とともに準備を進めています。
 鈴木政吉のカラクリBOOKSは、平成30年度に、市内小・中学校の教員が1年間かけて制作した大府市の偉人たちの功績を紹介する道徳の副読本を基に制作されており、イラストは、まんが甲子園に3年連続出場している大府東高校文芸部の生徒が、ナレーションは大府東高校演劇部の生徒が担当します。
 このたび、大府東高校文芸部の生徒がデザインしたイラストを基に構築した絵コンテの確認と各シーンのプログラムについて、カラクリBOOKSのライター、プログラマーを交えて打ち合わせを行います。
 

「カラクリBOOKS制作準備会」概要

日時
平成31年3月28日(木曜日) 午前10時~
場所
大府東高校文芸部室(大府市横根町膝折1-4)
参加者
大府東高校文芸部の顧問と部員8人
からくりBOOKS 代表 筒井潔(ツツイ・キヨシ)
〃 ライター 宍戸厚美(シシド・ヒロミ)
〃 プログラマー 志知篤(シチ・アツシ)
大府市教育委員会 指導主事 鈴木達見(スズキ・タツミ)
内容
イラストを基にコンテの再構築の確認とイラスト制作の進捗確認。各シーンのプログラムについて打ち合わせ
その他
鈴木政吉のカラクリBOOKSは平成31年9月頃完成予定

「カラクリBOOKS」とは

 地域の民話や偉人などを題材とした電子紙芝居(タブレット用アプリ)です。ナレーションとアニメでわかりやすく学べるだけでなく、タッチして動作するタブレットならではの楽しい「仕掛け」があちこちに隠れています。子どもから大人まで、幅広い年代の方に楽しく学んでいただけます。

問い合わせ先

大府市教育委員会
電話番号/0562-46-3332
ファクス番号/0562-44-0020
Eメール/tatsumi_suzuki@city.obu.lg.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。