4月から市役所庁舎の敷地内禁煙や禁煙外来治療費の助成制度を始めます

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009974  更新日 2019年3月28日

印刷大きな文字で印刷

平成31年3月28日発表のプレスリリースです。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、平成30年7月に改正された健康増進法に基づき、全国各地で受動喫煙防止対策の強化が進められています。
 本市では、「健康都市」としてすでに全ての公共施設を屋内禁煙にするとともに、子どもや乳幼児が多く利用する保育園、小中学校、保健センター、児童センターなどを敷地内禁煙とするなど、受動喫煙防止対策に積極的に取り組んできましたが、先般の法改正を踏まえ、平成31年4月から、新たに市役所庁舎などを敷地内禁煙とします。
 また、禁煙に取り組む市民を後押しするため、公的医療保険の適用を受ける禁煙外来治療にかかる費用の一部を助成する制度を開始します。
 

平成31年4月から新たに敷地内禁煙となる公共施設

  • 大府市役所庁舎
  • 全ての児童老人福祉センター(北崎分館、北山老人憩の家含む8館)
  • 大府市デイサービスセンター(2館)

禁煙外来治療費の助成制度の概要

対象(次の条件を全て満たす方)/

  • 治療の開始から助成金の請求時までの間、市内に居住する大府市民の方
  • 治療の開始時に20歳以上の方
  • ニコチン依存症と診断され、公的医療保険の適用を受ける禁煙外来治療の過程を全て完了し、自己負担額を支払った方(平成31年4月以降に治療を開始した方に限る)
  • 他の医療費助成制度や健康保険組合などから同種の助成や給付を受けていない方
  • 大府市税を滞納していない方

助成額/治療に要した経費の2分の1(上限1万円)

助成方法/治療終了後60日以内に、申請書、禁煙宣言書、治療に要した経費の確認できる領収書及び明細書の原本を持参し、健康増進課(保健センター)へ。

問い合わせ先

公共施設の敷地内禁煙に関すること

健康都市推進課
電話番号/0562-45-6226
ファクス番号/0562-47-7320
Eメール/kenkotoshi@city.obu.lg.jp

禁煙外来治療費の助成制度に関すること

健康増進課
電話番号/0562-47-8000
ファクス番号/0562-48-6667
Eメール/hkn-c@city.obu.lg.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。