七夕のターフを大府が駆ける 中京競馬場で『大府特別』の開催が決定

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010028  更新日 2019年4月8日

印刷大きな文字で印刷

平成31年4月8日発表のプレスリリースです。

 4月7日、JRA日本中央競馬会(以下、JRA)は公式ホームページで平成31年度夏季競馬番組の概要について掲載し、第3回中京競馬第4日(7月7日(日曜日))の第9レースで「大府特別」を開催することを発表しました。
 大府特別の開催にあたっては、平成30年2月2日、平成31年1月18日の2回にわたり、岡村秀人市長が中京競馬場場長に対し、要望書を提出していました。開催当日には、大府市の特産品などを取り扱う物産展を開催する予定で、市公式マスコットキャラクターのおぶちゃんも登場します。
 

大府特別の概要

日時

令和元年7月7日(日曜日) 午後2時25分発走

第3回中京競馬第4日第9レース 3歳以上2勝クラス

ダート1,200メートル 定量

場所
中京競馬場(豊明市間米町敷田1225)
その他
開催当日の午前9時~午後5時に大府市物産展を中京競馬場西入場門付近で開催します。また、レース終了後には、表彰式で岡村市長がプレゼンターを務める予定です。

大府特別開催要望の趣旨

  • 中京競馬場で開催している特別競走には、「刈谷特別」「豊明ステークス」など近隣自治体名が用いられた競走が数多くある。
  • 競走名は、JRAが中京競馬場近隣の地名を採用している。
  • 大府市は中京競馬場が所在する豊明市に隣接し、東部知多衛生組合をともに構成し、協力して廃棄物処理するなど結びつきの強い自治体である。
  • 特別競走の名称は全国の競馬ファンに親しまれ、覚えられるもので、「大府」の名前を全国にPRすることができる。
  • 上記のことから、岡村市長が、平成30年2月2日、平成31年1月18日の2回にわたり、中京競馬場の清水靖博場長(当時)に大府特別開催についての要望書を提出した。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。