職員の働き方を改革し、市役所の業務を効率化 RPA実証実験の結果を公表します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010197  更新日 2019年4月22日

印刷大きな文字で印刷

平成31年4月22日発表のプレスリリースです。

 大府市では、平成31年2月から3月に掛けて、RPA(ソフトウェア型ロボットがパソコン上の操作を記録して、人の代わりに自動的に作業をしていく仕組み)の導入に向けた実証実験を実施し、RPAの効果が非常に高いことが判明しましたので、その成果を公表します。
 RPAの導入により、単純作業に対する作業時間を省略し、他の市民サービスの提供に重点を置くことが可能になります。実証実験では3業務のみの実施でしたが、令和元年度中に本格運用を開始し、市役所全体の業務の効率化を図ります。

実証実験の概要

期間
平成31年2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)
協力会社
ソフトバンク株式会社
実証実験の結果
業務名(所管課) 導入前所要時間 導入後所要時間 削減時間(率) 年間削減時間の見込み
特別徴収異動届出書入力(税務課) 60分 11分 49分(81.7%) 147時間
要介護者データ処理・手紙作成(高齢障がい支援課) 50分 2分 48分(96%) 10時間
年金特徴開始通知作成業務(保険医療課) 30分 1分 29分(97%) 6時間

 

各業務の内容
業務名(所管課) 現在の業務内容 RPA化の内容
特別徴収異動届出書入力(税務課) 特別徴収を行う事業所から、退職、転職または就職の異動届出書が提出される。その異動届出書をExcelへ手入力する。⇒2つのシステムに手入力 2つのシステムへの入力部分をRPA化
要介護者データ処理・手紙作成(高齢障がい支援課) Excelで作成された要介護者のデータを新規、異動などのカテゴリに抽出し、別ファイルにコピーする。その後、更にWordに転記して申請書を作成する。 Excelデータの抽出~申請書作成までをRPA化
年金特徴開始通知作成業務(保険医療課) 国保連合会から受信したデータを編集、抽出し、その抽出後のデータを元に年金特徴開始世帯に向けた通知文書を作成する。 データの編集~通知文書作成までRPA化
  • RPA化することにより、入力事務の省力化だけでなく、入力ミスなどの単純なミスもなくなります。
  • 従来の業務では、窓口対応でたびたび作業が中断していましたが、RPA化することにより、処理の流れを止めることがなくなります。

RPAとは

「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、これまで人間が行ってきた事務作業の一部を、ロボットを使って自動化する仕組み。ソフトウェア型のロボットがパソコン上の操作を記録して、人の代わりに自動的に作業をしていくことが特徴。RPAは新たな判断を伴わない定型業務やルーチンワークと呼ばれる類の業務が適しており、AIのように判断が必要な作業は不向きです。

問い合わせ先

総務課
電話番号 / 0562-45-6253
ファクス番号/ 0562-47-7320
Eメール/ somu@city.obu.lg.jp

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。