職員のマイナンバーカード全員取得を目指します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010784  更新日 2019年6月20日

印刷大きな文字で印刷

令和元年6月20日発表のプレスリリースです。

 大府市では、マイナンバーカードの普及に向け、職員(※)のマイナンバーカード取得率100%を目指します。

(※)職員…地方公務員共済組合の組合員(正規職員及びフルタイム再任用職員)とする。平成31年4月1日現在、702人。(出向者8人を含む。)

国のマイナンバーカード普及の動き

 令和元年5月22日に公布された「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律」に基づき、令和3年3月から本格実施されるマイナンバーカードの健康保険証利用を着実に進めるため、地方公務員等(地方公務員共済組合の組合員)については、令和元年度内にマイナンバーカードの一斉取得を推進することが決まりました。

大府市のマイナンバーカード普及施策

 大府市では、平成29年10月に「住民票の写し等のコンビニ交付サービス」を開始し、それに合わせて、マイナンバーカードの普及を推進してきました。
 また、取得方法がわからない方のために、職員が顔写真を撮影し、申請をお手伝いするサービスや、平日に市役所に来られない方のために、カード交付の日曜臨時窓口サービスを実施するなど普及に努めています。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書人事課
電話:0562-45-6211
ファクス:0562-47-3070 
企画政策部 秘書人事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。