大倉公園茅葺門の屋根ふき替えについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011161  更新日 2019年8月2日

印刷大きな文字で印刷

令和元年8月2日発表のプレスリリースです。

 平成27年に大府市で初めて国の登録有形文化財に登録された大倉公園の茅葺門の屋根の全面ふき替えを平成21年以来10年ぶりに行います。ふき替え作業は友好都市提携を結んでいる岩手県遠野市の一般社団法人遠野かやぶき保存協会の職人の協力を得て実施する予定で、大府市の職人への技術やノウハウの伝承も図っています。完成は10月25日(金曜日)を予定しており、完成記念のセレモニーを開催する予定です。

大倉公園茅葺門の屋根ふき替え事業の概要について

大倉公園所在地
大府市桃山町5-74
ふき替え作業期間

令和元年7月下旬~9月末

※屋根材のふき替え作業は8月中旬から9月末までを予定。

※取材していただける際は、事前に作業の進捗を緑花公園課にご確認ください。

委託先
大府造園土木有限会社(大府市半月町)(一般社団法人遠野かやぶき保存協会)
委託金額
約1,900万円

大倉公園と茅葺門の概要について

大倉公園沿革

 大正時代に日本陶器合名会社(現:ノリタケカンパニー)の初代社長大倉和親氏により、別邸として築造。昭和50年に大府市が公園として買収し、昭和51年3月開園。つつじの花の季節は多くの人が訪れ、つつじまつりも行われる本市の名所。

茅葺門沿革

昭和54年、県道横根大府線沿いから現位置へ移設
昭和62年、屋根材のふき替え
平成21年、職業法人遠野職業訓練協会の協力を得て屋根材のふき替え
平成26年、職業法人遠野職業訓練協会の協力を得て屋根材の一部ふき替え

現在の茅葺門の写真
現在の茅葺門
平成21年吹き替え後の茅葺き門の写真
平成21年吹き替え後の茅葺き門

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 緑花公園課
電話:0562-45-6236
ファクス:0562-47-3347
都市整備部 緑花公園課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。