子ども落語教室「大府の笑学校」15周年記念 歴代講師による落語三人会を開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011401  更新日 2019年8月23日

印刷大きな文字で印刷

令和元年8月23日発表のプレスリリースです。

 小学生を対象に普段ふれる機会の少ない日本の伝統文化に親しんでもらうことを目的に、平成17年度より開催している子ども落語教室「大府の笑学校」が15周年を迎えたことを記念し、歴代講師などによる「落語三人会」を開催します。
 子ども落語教室では、「本物を体験してもらいたい」という思いから講師はプロの落語家が務め、落語や礼儀作法について指導しています。これまでに初代立川晴の輔さん、2代目柳家勧之助さん、3代目桂紅雀さん、4代目三遊亭歌太郎さんが務め、今回は、2~4代目の三人が出演し、大府の笑学校卒業生と笑学生落語クラブ生徒による落語の披露もあります。

落語三人会の概要

公演名
子ども落語教室「大府の笑学校」15周年記念 「落語三人会」
日時
令和元年10月20日(日曜日) 午後1時30分開演(午後1時開場)
会場
おおぶ文化交流の杜こもれびホール
出演
桂紅雀、柳家勧之助、三遊亭歌太郎、大府の笑学校卒業生、笑学生落語クラブ生徒
入場料
大人1000円 高校生以下500円
チケット販売
9月2日(月曜日)から市役所文化振興課、おおぶ文化交流の杜、愛三文化会館で販売開始

子ども落語教室「大府の笑学校」の概要

 小学生を対象に普段ふれる機会の少ない日本の伝統文化に親しんでもらうことを目的に、プロの落語家を講師に迎え、平成17年度より開催。これまでに、累計200人を超える児童が卒業しています。文化庁から委嘱を受けた公益財団法人伝統文化活性化国民協会の事業、伝統文化こども教室に認定されました。平成22年度には愛知県の交流・体験活動を通した青少年育成事業にも選ばれています。
 毎年、6月頃から9月までに全9回の教室を行い、9月中旬に市役所ホールで落語や大喜利などの成果発表会を開催しています。令和元年度も以下の日程で、発表会を開催いたします。

大府の笑学校落語会

日時
令和元年9月16日(月曜日) 午後2時開演(午後1時45分開場)
場所
大府市役所地下多目的ホール(大府市中央町5-70)
入場料
無料
出演
三遊亭歌太郎、子ども落語教室「大府の笑学校」の生徒たち14人

笑学生落語クラブの概要

 大府の笑学校の卒業生が中心となり、平成18年に発足。現在は、市外からの生徒も含め、小学1年生から大学4年生まで14人が在籍し、半田大衆演芸クラブ代表の槍田家志ょ朝さんを講師に迎え、月に一度稽古を行い、3月と9月に発表会を行っています。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康文化部 文化振興課
電話:0562-45-6266
ファクス:0562-47-2888
健康文化部 文化振興課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。