広報おおぶなど暮らしに役立つ情報を10言語で配信

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011402  更新日 2019年8月23日

印刷大きな文字で印刷

令和元年8月23日発表のプレスリリースです。

 大府市では、市内外の外国人に市の情報をわかりやすく届けるため、9月1日から英語や中国語など10言語に自動翻訳が可能で音声読み上げ機能を備えている無料アプリ「カタログポケット」の利用を開始し、広報おおぶや防災ガイドブックなど暮らしに役立つ情報を配信します。
 カタログポケットは、株式会社モリサワ(本社:大阪市)が提供する多言語対応アプリです。

カタログポケットの概要

導入開始日
令和元年9月1日(日曜日)
費用
500,623円(令和元年5月~令和2年3月の使用料+導入経費(税込み))
翻訳可能言語
日本語・英語・中国簡体語・中国繁体語・韓国語・タイ語・ポルトガル語・インドネシア語・スペイン語・ベトナム語
配信する発行物

広報おおぶ・防災ガイドブック・大府市保健センター年間行事予定表・ごみ収集について

※その他の情報についても随時配信します。

その他
愛知県内で導入している自治体は、豊橋市、春日井市、豊田市、東浦町で、大府市は5番目の自治体になります。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 広報広聴課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-48-4808
企画政策部 広報広聴課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。