市消防本部の花村架怜消防士が全国消防救助技術大会で第4位

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011430  更新日 2019年8月25日

印刷大きな文字で印刷

令和元年8月25日発表のプレスリリースです。

 大府市消防本部の花村架怜消防士(はなむら・かざと 22歳)は、8月25日に岡山県で開催された第48回全国消防救助技術大会の水上の部「基本泳法」に、東海支部の代表として(出場者26人)出場し、第4位の成績を収めました。
 花村消防士は「周囲の人に支えてもらったおかげで、本番ではベストパフォーマンスを発揮することができました。全国には強い選手がたくさんいました」と感想を話しました。

第48回全国消防救助技術大会の概要

高度な救助技術の錬磨、強靱な体力と精神力を養成することなどを目的に毎年開催されている大会。

日時
令和元年8月25日(日曜日)午前9時~
場所
岡山市立市民屋内温水プール(岡山県岡山市南区豊成一丁目4-22)
出場種目

水上の部 基礎訓練「基本泳法」部門

要救助者から目をそらさずに飛び込み、視線を水面から出したまま25メートルをクロールのような「抜き手」で、次の25メートルを平泳ぎで泳ぐ。

成績
出場者26人中第4位

岡村市長への結果報告の概要

日時
令和元年8月27日(火曜日)午後1時~1時30分
場所
大府市役所3階市長応接室(大府市中央町5-70)
出席者
花村架怜消防士、岡村市長 ほか

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防署
電話:0562-47-2136
ファクス:0562-47-2398
消防本部 消防署へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。