高さ2メートルのツリーもオレンジに! 児童虐待防止のシンボル『オレンジリボン』で啓発

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011926  更新日 2019年10月31日

印刷大きな文字で印刷

令和元年10月31日発表のプレスリリースです。

 大府市では、毎年11月の児童虐待防止推進月間にあわせ、オレンジリボンを活用した児童虐待防止の啓発活動を実施しています。令和元年度は、アピタ大府店での啓発のほか、初めての試みとして、市民健康ロビーにおいて里親制度啓発と合わせて、児童虐待防止啓発のパネル展示を実施する予定です。展示期間中は、オレンジリボンのツリー展示も予定しています。

児童虐待防止啓発パネル展示

日時
令和元年11月6日(水曜日)~17日(日曜日)
場所
大府市役所庁舎 市民健康ロビー(大府市中央町五丁目70番地)
内容
児童虐待防止のポスター掲示とともに、子どもステーションや市内の児童老人福祉センターなどを利用する親子が作成した「将来の夢」「子どもへの思い」を記入した花束、たくさんのオレンジリボンを付けたツリーを展示します。里親制度啓発のパネル展示も同時に行います。

アピタ大府店での児童虐待防止啓発

日時
令和元年11月12日(火曜日)午前11時~正午
場所
アピタ大府店(大府市明成町四丁目133番地)
内容
市民団体「こども幸せねっと」、主任児童委員、市職員が、アピタ大府店の来店客に対して、児童虐待防止を啓発します。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 子育て支援課
電話:0562-45-6229
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 子育て支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。