新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴う理美容業界に対する休業協力金を交付します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014080  更新日 2020年4月24日

印刷大きな文字で印刷

令和2年4月24日発表のプレスリリースです。

 大府市では、新型コロナウイルス感染症により影響を受けて自主的に休業する愛知県理容生活衛生同業組合及び愛知県美容業生活衛生同業組合(以下「愛知県理美容組合」という。)加盟の事業者に対して、組合を通じて休業協力金を交付し、支援を行います。

愛知県理美容組合加盟事業者休業協力金について

交付額
1事業者当たり10万円
対象
2020年4月24日(金曜日)~5月6日(水曜日)の全期間に自主的に休業した市内の愛知県理美容組合加盟の事業者
事務手続き
休業した加盟事業者を愛知県理美容組合がとりまとめて申請し、市が組合に協力金を交付、各事業者には愛知県理美容組合から休業協力金として交付

参考

  • 愛知県理容生活衛生同業組合市内組合員数:38
  • 愛知県美容業生活衛生同業組合市内組合員数:28

組合員数は2019年12月末現在

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 商工労政課
電話:0562-45-6227
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 商工労政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。