市内飲食店による高齢者等への配食サービス実施支援

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014363  更新日 2020年5月15日

印刷大きな文字で印刷

令和2年5月15日発表のプレスリリースです。

 大府市は、ひとり暮らし高齢者や高齢者世帯の健康増進と安否の確認を図るために実施している夕食の配食サービスについて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、夕食に加え昼食の配食サービスも実施します。
 また、配食サービス利用者のサービス向上と営業自粛などの影響で苦しんでいる市内飲食店の応援を目的に、現在配食サービスを実施している事業者に加えて、新たな事業者を募集します。

配食サービスの概要

 在宅生活で毎日の食事に支障がある要援護高齢者や重度の身体障がい者の方に対し、ご自宅へ夕食をお届けすることで、食生活の改善による健康の保持や安否の確認を行い、住み慣れた地域での生活を支援するものです。
 利用者は事業者に食事の実費を支払い、市が事業者に配達料を助成しています。事業者は利用者に食事を直接手渡しすることで、利用者の見守りも行っています。

配食サービス拡充(昼食)の概要

対象者

現行の配食サービス利用者

(老衰、心身の障害、傷病などの理由により、買物や食事を作ることが困難な世帯)

利用料

現在の事業者:1食あたり350~620円(複数メニューから選択)

新規の事業者:今後、事業者と調整します。

※昼食代を利用者負担、配送料を市が助成します。

その他
予算額1,358千円は、5月19日の令和2年第3回臨時会で可決後に執行します。大府市新型コロナウイルス感染症対策基金から充当します。

配食サービス事業者(昼食)の募集

期間
令和2年6~9月(予定)
内容

昼食の調理、利用者宅への配達

※現状の配食サービス(夕食)の補完的な役割になります。

募集方法
令和2年度あいち元気商店推進事業に参加しているデリバリーができる業者
申し込み方法
5月29日までに申請書を高齢障がい支援課に提出。
その後も随時申し込みを受け付けます。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉子ども部 高齢障がい支援課
電話:0562-45-6289
ファクス:0562-47-3150
福祉子ども部 高齢障がい支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。