就学援助費の審査基準を拡大 家計が急変した世帯についても就学援助費を支給します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014462  更新日 2020年5月28日

印刷大きな文字で印刷

令和2年5月29日発表のプレスリリースです。

 大府市では、経済的に困窮している家庭に支給している就学援助費について、保護者の前年の所得額を基準に審査をしていますが、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が激減し、家計が急変した家庭も対象となるよう、令和2年の所得見込みで審査を行う特例措置を実施します。

家計が急変した場合の就学援助の申請について

対象
小・中学校に就学している児童生徒の保護者のうち、令和2年の所得見込みが生活保護基準の1.45倍未満の方
※通常は前年(令和元年)の所得で審査します。
援助内容
学用品費等、遠足費、修学旅行費、医療費及び学校給食費の支給、放課後クラ
ブ育成手数料・早朝育成手数料の免除
※援助の開始月や児童生徒の学年により、支給額や支給内容が異なります。
申請方法
援助を希望する方は、必要書類を市役所に持参または郵送
申請期間
令和2年6月1日(月曜日)~令和3年2月28日(日曜日)
認定方法
保護者等同居している方の令和2年の所得見込みの合計額を審査の上、結果を郵送します。
※月ごとに審査をし、認定の翌月から援助を開始します。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育課
学校教育係・学校施設係 電話:0562-46-3332 放課後係 電話:0562-46-3331
ファクス:0562-44-0020
教育委員会 学校教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。