感染予防も暑さ対策も万全に。小・中学校の熱中症対策

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014729  更新日 2020年6月23日

印刷大きな文字で印刷

令和2年6月23日発表のプレスリリースです。

 大府市内の小中学校では、新型コロナウイルス感染予防をしながら、これからの暑い時期に備え、熱中症対策も万全にして授業を実施します。
 令和2年の夏は授業時間確保のため、夏休み期間中にも授業を実施することから、例年以上の熱中症対策を講じる必要があると判断し、必要となる予算を7月補正予算に計上します。

小学校における熱中症対策

  1. ネッククーラーを配布する
  2. 日傘の利用を認める。
  3. 学校に置いたままにしておける教材を拡大し、ランドセル以外のバッグの使用を認める。
  4. 授業中の水分補給を認める。
  5. 水道水で水分補給ができるよう、新鮮な水を給水できる直圧水道水を利用する。
  6. マスクの着脱は密の状況や暑さを考慮して、学校長が判断する。
     

中学校における熱中症対策

  1. ネッククーラーを配布する
  2. 申出制により日傘の利用を認める。
  3. 帽子の着用を認める。
  4. 授業中の水分補給を認める。
  5. 水道水で水分補給ができるよう、新鮮な水を給水できる直圧水道水を利用する。
  6. スポーツドリンクの持ち込みを認める。ただし、学校によって条件が異なる。
  7. 体操服での登校を認める。ただし、学校によって条件が異なる。
     

7月補正予算での対応(ネッククーラーの配布)

 熱中症対策の1つとして、全児童生徒にネッククーラーを配布します。購入に必要な費用は、7月臨時議会に補正予算を計上し、国の第2次補正予算の「学校再開に伴う感染症対策・学習保障等に係る支援経費」の対象になる場合は、この国庫補助金を財源として活用します。

※7月2日(木曜日)の令和2年第4回臨時会で可決後に執行します。

商品名
ビズクール
選定理由
児童生徒の安全を考慮して、首に巻きつけるタイプ以外の商品から選定
予算額(予定)
3,918,000円
予算計上個数
8,480個(小学生5,754人+中学生2,687人+予備39人(1校当たり3人分))

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育課
学校教育係・学校施設係 電話:0562-46-3332 放課後係 電話:0562-46-3331
ファクス:0562-44-0020
教育委員会 学校教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。