愛知県内初!遺贈寄附に関する協定締結式を開催します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1015488  更新日 2020年9月18日

印刷大きな文字で印刷

令和2年9月18日発表のプレスリリースです。

 大府市は、株式会社三菱UFJ銀行と遺贈寄附に関する協定を締結します。遺贈とは、遺言により遺産を特定の個人や団体に贈ったり寄附したりすることをいいます。
 この協定により、大府市の未来のために、亡くなった後にご自身の財産の一部を寄附したいとの想いをお持ちの方に対する相談体制を強化し、安心して遺贈寄附をしていただけるようになります。
 なお、自治体による遺贈寄附に関する協定は大府市が愛知県内初であり、株式会社三菱UFJ銀行が自治体との遺贈寄附に関する協定締結は全国初となります。

協定締結式の概要

日時
令和2年10月1日(木曜日) 午前9時30分
場所
大府市役所3階交流室(大府市中央町5-70)
出席者

株式会社三菱UFJ銀行 東海公務部長 近藤崇

大府市長 岡村秀人

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 財政課
電話:0562-45-6252
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 財政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。