東海地区初!大府市と富士通株式会社が「持続可能な社会の実現に関する包括連携協定」を締結します!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016976  更新日 2021年2月2日

印刷大きな文字で印刷

令和3年2月2日発表のプレスリリースです。

 大府市は、社会システムの変革に柔軟に対応するため、富士通株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:時田 隆仁)と「ICT(情報通信技術)の活用による持続可能な社会の実現に関する包括連携協定」を締結します。なお、富士通株式会社と「持続可能な社会の実現に関する包括連携協定」を締結するのは、東海地区の自治体で初となります。
 また、締結に基づき、令和3年2月下旬から、市民課で簡単に手続きができる「スマート窓口システム」の実証実験を開始します。

締結式の概要

日時
令和3年2月12日(金曜日)午後2時~2時30分
場所
大府市役所3階 庁議室(大府市中央町5‐70)
内容
  1. 出席者あいさつ
  2. 協定締結
  3. 写真撮影 など
出席者

富士通株式会社東海支社社 支社長 舛田元彦

大府市長 岡村秀人 ほか

協定の内容

ICTを活用した新たな行政サービスの推進及び市民サービスの向上に寄与することを目的とし、以下のことについて、連携及び協力をします。

  1. スマートシティの推進に関すること

  2. デジタルトランスフォーメーションの推進に関すること

  3. ICTを活用した市民サービスの向上に関すること

  4. 業務改善に関すること

  5. その他、相互に連携及び協力をする必要があると認められる事項に関すること

スマート窓口システムの概要(東海地区初)

 

  市民課にタッチパネル機能付きの端末を設置します。マイナンバーカードをお持ちの方はマイナンバーカードを読み込ませ、お持ちでない方もタッチパネルを操作することで、転入に関する申請書が自動作成されます。今後は、スマホからの申請や、市のシステムとの連携を行うとともに、将来的には、国のシステムとの連携も想定しています。

開始時期

  1. 職員向け実証実験(2月下旬~)
  2. 市民向け実証実験(5月中旬~)

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 行政管理課
文書統計係 電話:0562-45-6271
契約係 電話:0562-45-6216
検査管財係 電話:0562-85-3162 
ファクス:0562-47-7320
総務部 行政管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。