熱中症予防 & 災害時の避難所環境向上 全中学校の体育館・柔剣道場に空調機を設置しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017041  更新日 2021年2月8日

印刷大きな文字で印刷

令和3年2月8日発表のプレスリリースです。

室内機、室外機、LPガス災害対応バルクの写真

 大府市は、市内全4中学校の体育館・柔剣道場にLPガス災害対応バルクとその燃料で稼働する電源自立型空調機を設置し、体育館等利用時の熱中症予防対策を推進するとともに、災害時の避難所としての環境の向上を図りました。
 近年の猛暑傾向を受け、令和元年度に小中学校全ての普通教室および特別支援教室に空調機を設置し、令和2年度はその取り組みをさらに進め、設置対象を教室から体育館などに移し、児童生徒や地域の核となる学校施設の環境整備に向け、いち早く整備を進めました。

4中学校体育館等空調機の概要

設置工事費
360,090千円
設置機器(1校あたり)

体育館(室内機16基)、武道場(室内機8基)、サブアリーナ(室内機8基)、室外機6~8基、LPガス災害対応バルク3~4基
※サブアリーナは大府南中学校のみ

使用開始
令和3年1月

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育課
学校総務係・学校施設係 電話:0562-46-3332 放課後係 電話:0562-46-3331
ファクス:0562-44-0020
教育委員会 学校教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。