おおぶ元気商品券の使用期限迫る 2月28日までの使用を呼び掛ける

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017054  更新日 2021年2月10日

印刷大きな文字で印刷

令和3年2月10日発表のプレスリリースです。

 大府市は、市内事業所で使用できる「おおぶ元気商品券」の使用期限が迫っていることから、市民に未使用分の使用を呼び掛けています。
 「おおぶ元気商品券」は、市内事業者への消費喚起を促し、市民の生活支援および市制50周年を盛り上げるために市が発行したもので、市民1人につき1万円分(買物券5000円分+飲食券5000円分)を約93,000人の市民に配布しています。
 この商品券は、2月5日現在、約6億9800万円(約75%)使用されていますが、使用期限が2月28日(日曜日)までとなっており、市は広報紙や市公式ウェブサイトなどで、市民に未使用分の使用を呼び掛けるとともに、参加事業所にも3月12日(金曜日)までの商品券の換金を促しています。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 商工労政課
電話:0562-45-6227
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 商工労政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。