大府を知ろう! 令和3年度新規採用予定職員が大府の歴史を学びます

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017230  更新日 2021年3月1日

印刷大きな文字で印刷

令和3年3月1日発表のプレスリリースです。

 大府市は、令和3年度の新規採用予定職員に大府市に愛着や誇りを持ってもらうために、大府の歴史について学ぶ研修をリモートにより実施します。
 この研修は、令和3年度新規採用予定職員研修の1コマで、歴史民俗資料館の職員が講師となり、令和3年2月に国の登録有形文化財に登録された明神樋門、明神川逆水樋門や国内バイオリン製造のパイオニアで昭和初期に大府に工場を構え、再び大府に工房を移転した鈴木バイオリン製造株式会社の創業者・鈴木政吉などについて学びます。

大府の歴史を学ぶ研修の概要

日時
令和3年3月5日(金曜日)午前11時~11時30分
場所
大府市役所3階302会議室(大府市中央町五丁目70番地)
内容
歴史民俗資料館の職員が市役所で講義を行い、新規採用予定職員は自宅からリモートで受講します。
大府の歴史を学ぶ研修以外にも、大府市職員の服務や勤務条件などについての講義を実施します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 秘書人事課
電話:0562-45-6211
ファクス:0562-47-3070 
企画政策部 秘書人事課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。