市制50周年の記念 株式会社豊田自動織機からRAV4 PHVなどの寄贈

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017248  更新日 2021年3月2日

印刷大きな文字で印刷

令和3年3月2日発表のプレスリリースです。

 大府市は、株式会社豊田自動織機(刈谷市豊田町2-1)から、市制50周年を記念して、同社長草工場(大府市長草町山口9-2)で生産されているRAV4PHVの寄贈を受けます。また、同社からは、令和2年9月にオープンしたDAIWA防災学習センター(市防災学習センター)の水難体験展示車両(ヴィッツ)の寄贈も受けています。これらの寄贈にあたり、下記のとおり寄附贈呈式、一般表彰授与式を執り行います。

寄附の概要

  • RAV4 PHV(1台) 市長車として使用
  • ヴィッツ(1台) DAIWA防災学習センター備品(水難体験展示品)

寄附贈呈式、一般表彰授与式

日時
3月10日(水曜日)午後2時30分~
場所
大府市役所市民健康広場(大府市中央町5-70)※雨天時は市民健康ロビーで開催
出席者

株式会社豊田自動織機 経営役員 河井康司
大府市長 岡村秀人

その他
式典終了後、市民健康広場で災害発生時などに非常用電源として活用できるRAV4PHVを用いて自主防災会の代表者らと給電体験会を実施します。

プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 企画広報課
電話:0562-45-6214
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 企画広報課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。