輝かしい新生活のスタートを応援 結婚新生活支援補助金制度を6月から開始します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017942  更新日 2021年4月20日

印刷大きな文字で印刷

令和3年4月20日発表のプレスリリースです。

 大府市は、結婚新生活を送る若い夫婦を経済的に支援するため、6月から新生活にかかる初期費用の一部を予算の範囲内で補助する結婚新生活支援補助金制度を開始します。
 対象は夫婦の合計所得が400万円未満で、令和3年1月1日以降に婚姻した39歳以下の夫婦で、申請日までに支払った住宅取得・賃借費用などを補助します。
 なお、夫が市指定の家事・育児講座に1回以上参加することを条件としており、夫の家事・育児参画を応援します。

結婚新生活支援補助金制度の概要

対象者
次のすべてを満たす夫婦
(1)令和3年1月1日以降に婚姻していること
(2)申請時に大府市内に住民票があり、交付後も定住する意思があること
(3)婚姻日における年齢が満39歳以下であること
(4)所得を合算して400万円未満であること(申請時に無職であれば所得なしとみなし、奨学金の返済分は所得から除く)
(5)夫が市指定の家事・育児講座に参加すること(参加したレポートを提出)
(6)他の公的制度による家賃補助や過去に同様の補助金を受けていないこと
補助対象経費
(1)婚姻に伴う住宅取得費用(土地代、手数料、増改築は除く)
(2)婚姻に伴う住宅賃借費用(駐車場代、清掃代、光熱水費等は除く)
(3)婚姻に伴う引越費用(引越業者、運送業者に支払ったもの)
補助額

上限30万円

申請期間
令和3年6月1日(火曜日)から令和4年2月28日(月曜日)まで(交付決定順。交付決定額の合計が予算の600万円に達した時点で締め切ります。)
その他
申請書は、大府市ウェブサイトからダウンロードできます。申請は窓口のみ。

書類作成などについて事前相談を開催(予約制・個別相談)

 申請受付を円滑に行うため、5月6日(木曜日)から申請書類作成などについての事前相談の予約を電話またはメールで受け付けます。

 プレスリリースに掲載された内容およびお問い合わせ先は発表現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がありますのでご了承ください。

このページに関するお問い合わせ

健康未来部 子ども未来課
子ども支援係 電話:0562-45-6229
若者女性活躍係 電話:0562-85-3320
子ども家庭係 電話:0562-45-6229
ファクス:0562-47-2888
健康未来部 子ども未来課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。