第1節 情報化の現状と計画策定の意義

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003203  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

1 計画の策定

 情報通信技術の発展は予想をはるかに上回り、情報通信の高度化や広域化が急激に進展し、インターネットを通じて電子商取引、動画配信サービス等の様々なサービスが手軽に利用できるようになってきました。

 総務省の平成21年通信利用動向調査(世帯編)によると、平成21年末には、携帯電話、PHSのある世帯の割合が96.3パーセント、パソコンのある世帯の割合が87.2パーセント、また、世帯でのインターネット利用率が92.7パーセントとなっており、多くの家庭でインターネットを利用できる環境となっています。

 また、携帯電話等の情報通信機器の発展により、自宅や会社以外の場所でも、インターネット等のネットワークを利用した情報の入手、発信が容易となり、多くの人が情報の交換や共有をすることが可能となっています。近年では、こういった情報通信機器の発展、利用環境の変化から、情報通信技術を表す際に、ITに“C”を加え、コミュニケーション(Communication)を強調した表現(=ICT(※1))が使われるようになりました。

 さらに、平成23年7月には、テレビ放送が地上アナログ放送から地上デジタル放送へと完全移行することが予定され、地上デジタル放送のデータ放送機能を利用し、家庭にあるテレビでも様々な情報を取得することができるようになりました。技術の進歩と国等の取組により、多くの人がICTを利用できる環境が整備され、ますますICTが生活に密着したものとなってきています。

 また、平成21年版情報通信白書によると、国内総生産(以下、「GDP」という。)の成長率と情報通信産業のシェアには関連があり、情報通信産業のシェアが高い場合、GDP成長率が高くなる傾向にあると報告されており、ICTの利用は、経済状況にも大きな影響を持つようになっています。

 国や各自治体では、総合行政ネットワーク(以下、「LGWAN」という。)を利用した情報の交換や共有といった広域情報通信が可能となっており、整備された環境を活用した、電子申請等のサービスを提供し、電子自治体の実現に向けた取組が進められています。広域連携の手段としてクラウドコンピューティング(※2)を利用したサービスの研究も行われ、国と自治体、あるいは自治体間でのシステムの共同導入、共同利用に向けた新たな研究も行われています。

 このような状況の中、本市では第1次大府市総合計画より、「市民一人ひとりが心身ともに健康であると同時に、市民が生活する地域社会や都市全体が健康である“健康都市”」の実現を目指したまちづくりを進めてきました。

 近年、高齢化や国際化により生活様式が多様化しており、一人ひとりの生活を豊かにするためには、様々な生活に合わせた、多様でかつより質の高いサービスが求められています。また、生涯にわたって生きがいを持ち有意義に暮らせる市民の力や、地域の課題に関心を持ち、市民同士が互いに連携・協力して地域社会での活動に取り組むことができる地域の力が求められています。これらを実現するためには安定した効率的・効果的な行政経営の基盤整備をすることが必要となります。

 本市では、これまでも情報化計画を策定し、業務のシステム化、情報インフラの整備を進め、市民サービスの向上、事務の効率化、地域情報化を推進してきました。今回新たに、第5次大府市総合計画の基本理念である「健康都市」実現のために、急速に発展するICTを活用した情報化を推進する計画として本計画を策定します。

※1 : ICT(Information and Communication Technology)「アイ・シー・ティ」
 情報通信技術の総称。IT(Information Technology)に加え、「コミュニケーション」性を具体的に表現したもの。

※2 : クラウドコンピューティング
 インターネット上にあるサービスを利用するだけで、パソコンで実行しているような処理や機能がすべて利用できるようになるという考え方。インターネットを図で表現するとき雲(クラウド)のような形を描くことが多いことに由来する。

2 中間見直し

 本計画の計画期間は、第5次大府市総合計画に合わせ、平成32年度までの10年間と設定しているところですが、ICTの技術環境の変化はめまぐるしいため、計画期間中にあっても柔軟に対応できるよう、中間年度である平成28年度までについて、各種施策の実施内容を本計画において位置付けをしました。そこで、計画策定時と現在における社会情勢、市民ニーズ、現状や課題等を比較・検討を行い、平成28年度から平成32年度までの施策の実施内容について、情報化の充実に活かすことを目的として本計画の中間見直しを平成26年度に実施しました。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
庶務統計係 電話:0562-45-6271 管財係 電話:0562-85-3162 情報システム係 電話:0562-45-6253
ファクス:0562-47-7320
総務部 総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。