第2節 ICTで創る地域の活性化

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003213  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 ICTを活用し、地域活動の支援や地域活動への参加を促すとともに地域の情報を積極的に発信することにより、地域の活性化を目指します。

ICTで創る地域の活性化

1 地域を育む活動の促進

 ICTを活用し、地域に根ざした活動の支援を行います。インターネット等で、情報の発信や情報交換、コミュニケーションを容易にし、地域内で必要な情報を取得しやすい仕組みをつくることで、地域の活動を促進します。 

(1) 学校教育の情報化

 国や企業のデジタル技術を活かした教材の研究・開発に合わせ、新しい教材を導入し、教材を活用するための技術や知識を習得し、デジタル技術を取り入れた授業が行える体制を目指します。

 そのうえで、今までの授業の良い点とICTを活用した授業の良い点を合わせた、アナログとデジタルの融合した教育を目指します。

 また、子どもが安心してインターネットや携帯電話を利用できるよう、正しい情報通信機器の使い方、活用の仕方についても研究を進めます。

(2) 地域活動の支援

 地域活動に参加したい人を募ったり、参加したい人が自分から活動団体の情報を取得したりできる仕組みを構築することにより、退職した高齢者や地域に住む外国人等、年齢や性別、国籍に関らず、より多くの人の地域活動への参加を目指します。また、活動する団体間の協力や意見の交換等を促進できるように、団体の活動を支援します。

(3) 生活・活動基盤の整備

 災害や不審者に関する情報は、迅速に、必要な範囲に提供されなければなりません。そのため、地域内で必要な情報を、個別に作成、配信することができるよう地域のインフラを整備し、地域内での連携を強めます。

おぶちゃん

2 地域情報の発信

 ICTを活用し、地域の特色をまとめ、地域の魅力の発信を容易にします。地域の情報の管理を推進するとともに、市内外へ積極的に情報発信する仕組みづくりを検討していきます。

(1) 情報発信力の強化

 本市の魅力、特色を市内外に浸透させるため、地上デジタル放送のデータ放送やホームページでの映像配信サービスの活用等をして、情報発信の機会や方法を拡充します。

(2) 地域の歴史・資源の情報化

 インターネット等を利用してデータ配信することで、地域の魅力を伝えるため、また、貴重な資料の劣化を防ぐため、地域の貴重な写真や映像を電子化しデジタルアーカイブを推進します。

詳細な事業内容、スケジュール等については、次に掲載したファイルからご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
庶務統計係 電話:0562-45-6271 管財係 電話:0562-85-3162 情報システム係 電話:0562-45-6253
ファクス:0562-47-7320
総務部 総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。