第3節 ICTで創る行政経営の最適化

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003214  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 ICTを活用し、行政内部のマネジメントを高度化するとともに、業務プロセスの見直し等による効率性の向上や適切なセキュリティ対策の実施による安全性の向上によって、行政経営をより適正なものとすることを目指します。

ICTで創る行政経営の最適化

1 マネジメントの高度化

 ICTを活用し、情報の共有を推進し、全庁的な情報推進体制を強化します。情報の有効かつ迅速な活用を進め、PDCAサイクル(P:Plan、D:Do、C:Check、A:Action)の機能強化を行うことにより、高度な経営管理を行います。

(1) 情報推進体制の強化

 基幹システムの再構築により、各課職員でデータの抽出、加工といった、情報担当部門で行っていた処理が可能となります。情報担当部門以外の職員もデータを処理するための基本的な技術を身に付けることで業務の効率化につながります。

 より多くの職員がデータの加工や情報通信機器の有効活用ができるよう、職員の情報リテラシーの向上を図り、人材を育成します。また、問題解決、新技術の導入及びシステムの開発に迅速に対応が可能な全庁的な体制づくりを行います。

(2) PDCAサイクルの機能強化

 システムを活用することで、行政経営のPDCAサイクルをより機能的なものとし、効果的な計画の策定、計画的な事業の実施、健全な財政の確立、新たな課題等への柔軟な対応を目指します。

 また、庁舎や施設、道路等の市有財産についても、システムを整備し、最適な管理状況を目指します。

(3) 情報共有の推進

 市役所内の情報を迅速に伝え、組織内での情報の共有を図ります。また、必要な時に必要な情報を取得、活用できるよう、情報の保存場所、方法を統一する等、適切な管理を行うため、情報共有できるシステムの有効な活用を進めます。

イラスト:おぶちゃん1

2 事務事業の効率化

 ICTを活用し、事務事業の効率化を推進します。地方分権の進展による役割の増大や、事務事業の広域化を見据え、業務プロセスの見直しや運用コストを意識したシステムの調達を行います。

(1) 全庁的な業務プロセスの見直し

 より効率的な業務運用を行うため、住民記録システム等の基幹系業務システム、財務会計システムの再構築、グループウェアシステム等の内部業務システムの更新を行います。

 基幹系業務システム、財務会計システムについては、市役所の業務を支える重要なシステムであり、本計画でも優先的に取り組み、事務の効率化、コストの削減を図っていきます。

 また、再構築やシステムの更新に合わせ、業務プロセスを見直し、システムを効果的に活用できる体制を整えます。

(2) 内部情報インフラの整備

 システムの調達に際して、システムのライフサイクルを通じた全てのコストを勘案することにより、長期的なコスト縮減を行うとともに、現行システムや機器・設備の有効活用、適切な更新の計画を策定します。

 また、情報化を進める上でも、環境への配慮は重要となります。身近な環境への配慮として、新規導入や更新の際に、省エネルギーモデルのパソコンやプリンタを導入する等、業務で使用するエネルギーを減らすように取り組みます。

(3) 広域連携の推進

 コストや利用方法を考慮し、愛知県や近隣市町と共同でのシステムの導入、研究を進めます。また、情報交換等を通し、より最適なシステムの導入を目指します。

 併せて、インターネットやLGWANを活用し、市役所に共通のサービスやシステムを共同で利用することで、管理費用、開発費用を抑える仕組みの導入を検討します。

3 安全性の強化

 ICTを活用し、業務運用に関する安全性の強化を図ります。個人情報保護やセキュリティの向上を図るとともに、リスクマネジメントの充実により、安定して業務を行うことができるようにします。

(1) セキュリティの向上・個人情報の保護

 情報流出等を防ぐため、情報の利用範囲の特定、情報の流れやシステムの利用権限の管理を行います。また、人的ミスによる情報漏えい等を防ぐため、セキュリティポリシーの徹底やセキュリティ監査の強化を行います。

(2) リスクマネジメントの充実

 自然災害時等、システムが停止していても、継続して市役所の業務を行えるよう、業務の整理や、災害時を想定した計画の策定を行います。また、外部からの不正アクセスにより、システムが停止する等、業務に支障が出ないよう、保護対策を適切に行います。

イラスト:おぶちゃん2

詳細な事業内容、スケジュール等については、次に掲載したファイルからご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 総務課
庶務統計係 電話:0562-45-6271 管財係 電話:0562-85-3162 情報システム係 電話:0562-45-6253
ファクス:0562-47-7320
総務部 総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。