大府の水道を考える(5)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003150  更新日 2018年10月25日

印刷大きな文字で印刷

 大府市水道事業は、平成6年度から収支が赤字に転じ、平成11年度を除き、赤字経営が続いています。今年度、安定的で持続可能な経営体制を目指すため、「大府市水道事業経営検討委員会」を設置し、コストの縮減策や経営上の諸施策、料金収入について検討しています。

今回は、平成22年1月に実施した市民意識調査(住民基本台帳に登載されている18歳以上の男女3000人(無作為抽出)で実施)の水道水に関するアンケート項目の結果や、費用負担に関することを紹介します。

市民意識調査

問1 あなたは普段どのような水を飲んでいますか。

  1. 水道水をそのまま 36.5%
  2. 一度沸かした水道水(湯冷まし等) 17.5%
  3. 浄水器で浄水した水道水 26.8%
  4. 市販の飲料水 14.6%
  5. 井戸水や湧き水 0.9%
  6. その他(未記入含む) 3.7%

問2 問1で「1、水道水をそのまま」以外の回答をした方におたずねします。水道水をそのまま飲まない理由を教えてください。

  1. 臭い、味がいやだ 15.7%
  2. 水温がいやだ(夏はぬるい等) 7.3%
  3. 水質に不安がある 31.9%
  4. 受水槽の管理に不安がある(マンション等) 8.4%
  5. なんとなくイメージが悪い 17.6%
  6. その他 19.1%

大府市の水質検査の実施状況

 「問1」では、3割以上の方が水道水をそのまま飲んでいただいていることが分かりました。「問2」では、水道水をそのまま飲まない理由を教えていただきましたが、「水質に不安がある」との方が3割以上に達するなど、水道水をそのまま飲むことに抵抗を感じていることが分かりました。

 日本の水道水の水質基準は水道法で定められており、その基準値や検査項目は、WHO(世界保健機関)などが飲料水の水質基準設定にあたって採用している方法を基本としながら、日本の水道水源の水質や給水栓水などからの検出状況を総合的に勘案し、さらに厳しい基準で設定されています。また、市販されているミネラルウォーターなどのペットボトル水の水質基準は、水道水の水質基準に準じている場合もありますが、一般的には食品衛生法で定める原水の基準を採用しており、水道水のほうが検査項目数は多く、水質基準値も厳しいものとなっています。

 水質検査の実施方法については、水道法第20条に定める民間の検査機関で、日本水道協会の認定と、厚生労働省の水道水質検査精度管理において前年度に最も精度の高い検査ができる業者へ委託し、実施しています。水質検査の内容については、毎年度、水質検査計画を策定し、水道法に基づいた定期検査を市内8カ所の給水栓で実施しています。また、市内の一般家庭など9カ所の給水栓で水質を毎日検査するとともに配水系統の末端においても、残留塩素濃度の測定を実施するなど、徹底した品質管理を行っていますので、安心してお飲みください。

公平な費用負担

 水道水を供給するための費用は、基本的に水道料金で賄われています。しかし、その料金を支払っていただけない方が一部にいるのも事実です。公共料金の公平、公正の観点および水道事業の健全化を推進するためにも、滞納者への対策を強化しています。悪質な滞納者や長期間の滞納者に対しては、給水停止を実施しています。なお、水道料金の納付に関する相談については、気軽に水道課へ連絡してください。

大府市水道事業経営検討委員会について(第5回)

 前回に引き続き、8月24日(火曜)に開催された第5回委員会の議事内容を報告します。(一部を抜粋)

委員:本日は、今までに議論してきたことを提言として市長へお伝えするための提言書の内容を決定したいと思います。

委員:「提言書」の内容でなにか意見はありますか。

委員:料金の見直しに関する部分をもう少し分かりやすくしたほうが良い。

事務局:修正します。

委員:減価償却費の説明をもっと分かりやすくしたほうが良い。

事務局:修正します。

委員:大口利用者への対応策を具体的に盛り込んでいないが、事務局としての考えはありますか。

事務局:逓増度の縮小を考えています。

委員:次回は、市長へ提言書を渡しますので、事務局は調整をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

水道部 水道課
業務係 電話:0562-45-6238 工務係・給水係 電話:0562-45-6319
ファクス:0562-45-5185
水道部 水道課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。