歳入

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003724  更新日 2018年11月5日

印刷大きな文字で印刷

歳入

市税(しぜい)

地方税法、条例により市民や市内の企業から徴収する税です。歳入総額のおよそ6割を占め、主要な収入源となっています。税収入のうち使途が特定されていない普通税と、特定されている目的税があります。

大府市の普通税

  • 市民税(個人・法人)
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 市たばこ税
  • 特別土地保有税

大府市の目的税

  • 入湯税
  • 都市計画税

地方譲与税(ちほうじょうよぜい)

法によって国が国税として徴収し、一定の基準によって地方公共団体に譲与されている税です。

大府市の地方譲与税

  • 地方揮発油譲与税
  • 自動車重量譲与税
  • 地方道路譲与税

税交付金(ぜいこうふきん)

県が徴収した税の一部が交付されるものです。

大府市の税交付金

  • 利子割交付金
  • 配当割交付金
  • 株式等譲渡所得割交付金
  • 地方消費税交付金
  • 自動車取得税交付金

地方特例交付金(ちほうとくれいこうふきん)

国の政策に伴って生じる地方公共団体の一般財源の不足を補てんするため、国から特例的に交付される資金です。

交通安全対策特別交付金(こうつうあんぜんたいさくとくべつこうふきん)

交通安全施設の設置や管理に充てるため、道路交通法の規定により納付される交通反則金の一部が交付されるものです。

分担金及び負担金(ぶんたんきん・ふたんきん)

地方公共団体が特定の事業に要する経費に充てるために、その事業によって利益を受けるものに対し、その受益を限度として徴収するもので、養護老人ホームの入所者が費用の一部を負担する老人保護措置費などがあります。

使用料及び手数料(しようりょう・てすうりょう)

使用料は公共施設などの利用の対価として徴収するもので、市営住宅の家賃、勤労文化会館使用料、大府駅東西駐車場使用料などがあります。

手数料は市が特定の者に提供するサービスの対価として徴収するもので、し尿清掃手数料、住民票の写しや印鑑登録証明の発行手数料などがあります。

国庫支出金(こっこししゅつきん)

国が行うべき事業を市へ委託する場合や、市が行う事業に対して一定の割合で国が補助する場合に交付されるもので、

  • 法によって国に負担する義務のある国庫負担金(生活保護費負担金など)
  • 奨励的、財政的援助的な国庫補助金(在宅福祉事業補助金など)
  • 本来国が行うべき事務を地方公共団体へ委託する場合の国庫委託金 (国勢調査委託金など)

に分類されます。

県支出金(けんししゅつきん)

県が行うべき事業を市へ委託する場合や、市が行う事業に対して一定の割合で県が補助する場合に交付されるもので、国庫支出金と同様、その目的、性格により県負担金、県補助金、県委託金に分類されます。

財産収入(ざいさんしゅうにゅう)

財産運用収入は市が所有する土地や建物を貸し付けることによる財産貸付収入と、基金から生ずる運用収入である利子及び配当金があります。

財産売払収入は市が所有する土地や物品の売払いにともなう収入です。

寄附金(きふきん)

市民などから受ける金銭による寄附です。使途を特定されない一般寄附金と使途が指定される指定寄附金があります。

繰入金(くりいれきん)

市の他の会計や基金(貯金)からの繰入金で、主なものに財政調整基金を取り崩し、一般会計に繰り入れる財政調整基金繰入金があります。

繰越金(くりこしきん)

市の決算剰余金(歳入決算額から歳出決算額を差し引き、そこから翌年度に繰り越すべき繰越明許費などの財源を控除したもの。=実質収支)を翌年度に繰り越して使用するものです。剰余金のうち60%を財政調整基金に積立て、残りを前年度繰越金とします。

諸収入(しょしゅうにゅう)

他の科目に分類されない収入を計上する科目で、市預金利子、貸付金元利収入、雑入があります。

市債(地方債・起債)(しさい・ちほうさい・きさい)

市が財政上必要とする資金を外部から調達するために負担する債務で、その返済が一会計年度を越えて行われるものです。いわゆる市の借金です。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 財政課
電話:0562-45-6252
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 財政課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。