コラム119 5月号(令和2年)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014251  更新日 2020年9月30日

印刷大きな文字で印刷

5月号の「コラム119」では、睡眠について紹介します。

睡眠の質を上げましょう!

はじめに

現在、新型コロナウイルスが流行しており、いつ終息するのか予想ができない状況です。新型コロナウイルスに感染しないためにも、免疫力が大切だといわれています。免疫力を上げるには、三食しっかり食事をすることや適度な運動をすることなどよく耳にしますが、実際に行動できている人は多くありません。また免疫力を上げるには良質な睡眠も重要だといわれています。5月のコラム119では、睡眠について紹介します。

睡眠について

日本人の平均睡眠時間は、他国に比べて短いといわれています。現在、日本人の5人に1人は睡眠時に、何らかの障害を抱えており、その結果、睡眠不足の方が多くいます。睡眠不足は、高血圧・糖尿病・動脈硬化といった生活習慣病の原因の一つと考えられています。

 

睡眠とは

睡眠中は、浅い眠りの「レム睡眠」、深い眠りの「ノンレム睡眠」が繰り返されています。

レム睡眠は、基本的に体は動かないが脳は活動してしまっている状態です。対して、ノンレム睡眠は、リラックスしている状態です。

眠りに入ってから3時間以内にノンレム睡眠に入ることができたら、脳も体も休めることができている質のいい睡眠といわれます。質のいい睡眠をとるには次の2つのことが有効といわれています。

 

 

2つのこと

1つ目は、就寝する3時間前には食事をしないことです。就寝前に食事をしてしまうと睡眠中に消化活動を起こしてしまい、深い睡眠に入りにくいといわれています。

2つ目は、就寝する前は、テレビや携帯電話及びスマートフォン等の画面を見ないようにしましょう。就寝前に、携帯電話などを見ていると目に光が入り、脳が昼間だと勘違いを起こしてしまい、眠りが浅くなるなどの睡眠障害を引き起す可能性があります。この他にも睡眠の質を上げる方法はありますが今回紹介したのは、少しの意識で生活に取り組むことができるものになります。
 

 

最後に

これからの季節は気温の変化により体調を崩してしまう可能性があります。上記の普段から健康を意識した生活をすることは、免疫力を上げ、また睡眠の質を上げることにつながります。その結果、新型コロナウイルス感染予防の対策にもつながりますので、この機会に睡眠について考えてみてはいかがでしょうか。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防署
電話:0562-47-2136
ファクス:0562-47-2398
消防本部 消防署へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。