コラム119 6月号(令和2年)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014766  更新日 2020年9月30日

印刷大きな文字で印刷

6月号の「コラム119」では大府市消防署の消防車について紹介します。

はじめに

皆さんは大府市消防署の消防車についてご存知でしょうか。

消防署にはポンプ車・タンク車・化学車・水槽車の4種類の消防車があります。

そこで今回のコラム119では、消防車の種類や特徴を紹介していきます。

 

 

消防車について

消防車は、消火活動に適した車両です。

消火活動で使用するホースや放水するための機材を積載しています。

 

消防車の種類と特徴について

消防署のポンプ車・タンク車・化学車・水槽車の4種類の消防車を紹介します。

ポンプ車(大府3)

大府3の画像

1つ目は、ポンプ車です。

この車両は、火を消すために役立つ消火栓や防火水槽、川や池などの水を吸い上げます。

吸い上げた水を他の消防車へ送ることができます。

特徴は、他の消防車に比べて車両の大きさが小さいため、狭い現場や道路で優位に活動することができます。

 

タンク車(大府5)

大府5の画像

2つ目は、タンク車です。

この車両は、水を出して放水することができます。

特徴は、車両に1500リットルの水を積んでいることです。この水を使って現場でいち早く初期消火をすることができます。

 

 

化学車(大府7)

大府7の画像

3つ目は、化学車です。

この車両は、泡を使って火を消すことができます。

特徴は、泡を出すために2種類の薬剤が積載されています。油で燃えている火災では、水よりも泡を使って放水することで消火活動を優位にすることが可能です。

 

 

水槽車(大府8)

大府8の画像

4つ目は、水槽車です。

この車両は、現場の近くに消火栓や防火水槽などの水利がないときに、この車両の積載水を活用します。

特徴は、10000リットルの水を積んでいることです。災害時には、非常用の飲料水として使用することもできます。

 

 

最後に

今回のコラム119では、4種類の消防車を紹介しました。

私たち消防職員は、毎日必ず消防車の点検を実施しています。

いつ発生するかわからない火災出動のために、日々準備をしています。

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防署
電話:0562-47-2136
ファクス:0562-47-2398
消防本部 消防署へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。