コラム119 7月号(令和2年)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014874  更新日 2020年9月30日

印刷大きな文字で印刷

7月号の「コラム119」では、大府市消防署のホースカーについて紹介します。

はじめに

皆さんはホースカーについてご存知でしょうか。

ホースカーとは、消火活動に使用するホースが積載されているリヤカーのことです。

今回は大府市消防署で活躍している2台のホースカーについて紹介します。

ポンプ車(大府3) ホースカー

1

ポンプ車のホースカーは、牽引を補助する電動モーターを備えた、電動アシスト付きホースカーとなっています。写真右手につかんでいるスロットルを捻ることで、手押しで走行するより移動が楽になります。

ポンプ車のホースカーは、ホースが10本積載できます。ホースは1本20メートルあるため、合計200メートル先までホースを伸ばすことができます。

大府市消防署のホースカーは、車両の後部に積載されています。そのためホースカーを取り出す際は、後方3メートル程度のスペースが必要です。車両が入れない狭い道はホースカーを使用することで、素早くホースを伸ばすことができます。

タンク車(大府5) ホースカー

1

タンク車のホースカーは上記に記載されているポンプ車のホースカーと同等の性能となっています。違いは形状、ホースの積載数となります。

形状はポンプ車と違い後輪がついています。そのため安定した姿勢で走行できますが、小回りが効きにくく、少しの段差や曲がり角には対応しにくいです。

写真右側の黒い持ち手部分で、スロットル操作が可能です。こちらもポンプ車同様、アシストがついて前後に進むことができます。

ホースの積載量は8本となり160メートル先までホースを伸ばせることができます。

最後に

大府市消防署には、今回紹介したホースカー以外にも現場で使用する様々な車両、資機材があります。気になる方はいつでも気軽に消防署まで見学しに来てください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防署
電話:0562-47-2136
ファクス:0562-47-2398
消防本部 消防署へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。