ウェルネスバレー医福工連携シンポジウム

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1010674  更新日 2019年6月19日

印刷大きな文字で印刷

開催概要

ウェルネスバレー医福工連携シンポジウムチラシ

 大府市・東浦町では、令和元年度「ウェルネスバレー医福工連携シンポジウム」を開催します。

 自治体における医福工連携の先進事例と医療福祉分野に進出した企業の「展開事例」を発表いただきます。また、パネルディスカッション形式で「どんなニーズに」、「どんな強みを活かして」、「どんな連携で」、「何が出来たか・成果」といった話題について参加者の皆さまと意見交流を行います。

開催日

令和元年7月12日(金曜日)

開催時間

13時から16時30分まで

(受付・会場12時30分)

開催場所

国立長寿医療研究センター 教育研修棟大研修室

(愛知県大府市森岡町7-430)

対象
医福工連携・ヘルスケア産業に関心をお持ちの企業、臨床機関、医療介護関係、大学・支援機関、行政機関の方
会場アクセス

国立長寿医療研究センターホームページ

定員
150名
参加費
無料

申込方法

ファクス(0562-47-7320)での申し込み

参加申込書(チラシ裏面)に必要事項を記入の上、ウェルネスバレー推進課宛てに送付してください。

Eメール(wellness_valley@city.obu.lg.jp)での申し込み

メールの件名を「ウェルネスバレー医福工連携シンポジウム」とし、メール本文に必要事項(企業名・部署名・住所・電話番号・所属機関・参加者名(フリガナ))を記入の上、ウェルネスバレー推進課まで送信。

主催

大府市、東浦町

 

開催プログラム

基調講演1

「(仮)国におけるヘルスケア産業の創出と活用」

 中部経済産業局 地域経済部 部長 閑念 麿聡 様

基調講演2

「『ファルマバレーの挑戦』~医工連携の仕組みづくり~」

 公益財団法人ふじのくに医療城下町推進機構

  ファルマバレーセンター事業推進部 部長 稲葉 大典 様

パネルディスカッション

「医福工連携マッチングの成果と課題」

 ファシリテーター コーディネーター 安部 彰 氏

パネリスト

  1. 株式会社愛知商会(東浦町)
  2. 株式会社アペックス(大府市)
  3. 株式会社シンテックホズミ(みよし市)

コメンテーター

 ファルマバレーセンター 事業推進部 部長 稲葉 大典 様

ウェルネスバレーの取組紹介

「ウェルネスバレー版アイデアボックスの仕組みづくり~ウェルネスバレーにおける大府市・東浦町の支援体制~」

 大府市企画政策部健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課

講評

 国立研究開発法人国立長寿医療研究センター 病院長 鷲見 幸彦 様

交流・名刺交換会

  • 事例発表
  • パネルディスカッションを行った発表者と企業等の名刺交換・交流タイム

チラシ・参加申込書

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画政策部 健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
企画政策部 健康都市推進局 ウェルネスバレー推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。