体向交換クッション【福祉関係】H30-13

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011828  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

筋力低下の高齢者は車いすで座位姿勢が傾くため、その傾きを検知し、自動補正のコントロールができるクッションの開発

自動体向変換クッション

筋力が低下している高齢者が車いすに座っていると、低下している側に体幹が自然と傾いてしまい不安定な座位姿勢となるため、定期的に体位変換の介助が必要です。そのため、体の傾きをセンサーなどで検知し、左右上下のエア圧などで体位変換を自動で行うようなクッションを開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。