歩行器転倒防止ベルト【福祉関係】H30-14

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011841  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

歩行器を使用する高齢者は疲れやふらつきから歩行器から体が離れて転倒リスクあり、脱着容易な転倒防止用サポートベルトの開発

説明文

歩行器を使用している方は下半身の筋力が弱く、散歩中などにちょっとした段差や疲れからふらつき、歩行器は倒れなくても本人だけが膝からずるずると倒れたり、後ろに尻もちをついてしまうことがある。自力による散歩や施設内移動は筋力維持に大切であるが、転倒は高齢者にとって骨折につながる危険があるので、高齢者の腰などを支持したり、転倒を予防する、歩行器に取り付ける脱着が容易なサポートベルトなどの補助器具を開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。