携帯型呼気ガス分析装置【医療関係】H29-6

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011855  更新日 2021年1月20日

印刷大きな文字で印刷

呼気ガス分析装置の測定時間が長く、マウスピースからの息漏れにより不正確になるので、短時間、正確に測定できる装置の開発

説明文

呼気ガス分析による酸素消費量と安静時代謝量の計測は、栄養障害に陥りやすい高齢者の正しい食事計画を立てる上で重要である。既存の呼気ガス分析装置はマウスピースを咥えたままでの10分間にわたる測定を要し、その時間の長さや口角からの息漏れのために測定が不正確になりがちである。短時間で測定でき、義歯であったり歯が無かったりする高齢者でも咥えやすく、息が漏れにくいマウスピースを用いる携帯型呼気ガス分析装置を開発してほしい。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部 ウェルネスバレー推進室
電話:0562-45-6255
ファクス:0562-47-7320
産業振興部 ウェルネスバレー推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。